エントリーするのが怖いとき


エントリーするのが怖い時期がありました。

 

そういうときの対処法としては、

トレードしない。トレードのことを忘れる。

のが一番じゃないかと思います^^

 

私も1週間くらいトレード止めたことはあります。

1週間後にチャート開くと浦島太郎になった気分でしたw

 

トレードしない。チャート開かない。為替のことなんか忘れてしまう。

そういう時期を持ったことはプラスに作用しています。

 

というのは、

休むも相場

っていうのは、こういうことなんだってのが分かったからです。

 

最初の1~2日はモヤモヤしますけど、私は根が楽天的なのか、

すぐ忘れる三日坊主タイプだからか3日目くらいからFXやってたことを忘れる感じでした。

 

で、1週間後にチャート開くと、その1週間の間で自分がやらかしただろうトレードっていうのが

なぜか見えてくるようになってました。

 

なんでだろう?

勝ちたいってガツガツしてるときは「ここでこれだけ儲けられたのに!」としか思えなかったのが、

あー、多分ここで掴まされて、塩漬けナンピンして、ストップも入れずに

不貞寝して爆死かな

とかが見えてくるように・・・(やりすぎだ)

それで、「1週間休んで良かった! 私、正解!!」って気分アゲアゲにw

ま、その後もやらかしてたりはするんですけども。

 

でも冷静に考えてみると、

エントリーを怖いと思う前は、うまくいかないとき

自暴自棄になって1万2万どうでもいいや!ってエントリーしまくってたんですよね。

 

どうせ負けるだろうって思ってるのに、どうなってもいい!ってキレてエントリー。

想定通りに大負けして、後悔して自己嫌悪に陥って・・・

 

そんな段階から、自暴自棄になることは止めて、というか無くなってきて

エントリーを怖いと思う、躊躇するような段階に変化していきました。

 

そして、

キレてエントリーしてるときは、トレードから離れるなんて考えたこともなかったけど

エントリー怖がるようになったことで、トレード休む行動を取れるようになった。

休もうと思って休んだんじゃなくて、もう嫌だ!って逃げたって感じでしたけど。

 

私の見方では、これは一段階 成長した証 なんですよね。

前向きすぎます??w

 

その当時、はっきりそう認識してたわけではないんですけど

トレードから離れる時間の重要性っていうのが、おぼろげに体で感じることができてたんですよね。

多分、その感覚が、今のトレード最長3時間で休止するルールにつながってると思います。

 

例えば、

仕事でぐったり疲れてて人生もう嫌だ!って煮詰まってても

ちょっと旅行に出たりして、日常のことを忘れる時間に浸ってみると

自分でもびっくりするくらいリフレッシュして、物事を大きく捉えられるようになってたりしませんか?

私は単純な人間なんで、その傾向がかなりあるんですけど^^

 

エントリーするのが怖い っていうのも、煮詰まってる状態だと思うので

トレードを忘れて、トレードっていう日常から離れてみるのがいいと思います。

 

離れてる時間に、トレードのことばっかり考えてたら意味ないですけどね。

 

今すぐは気づかないかもしれないですけど、後になってみたら、

エントリーが怖くなってたのは、成長した証 と思えるはずです☆

 

ではでは
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)