利益を確保する


「”利益”を限定する工夫ってされてますか?
損ではなく、利益です。

1日の利益目標を約●pipsにしておいて(ヒルトンさんの場合は30pipsでしょうか)、それを実現できたらその日はおしまい、というのは頭ではわかりますが、勝っているとつい調子に乗ってしまいます。

”儲ける”というより、”トレードスキルを向上させる”という目的意識を持てば冷静になれるのかとも考えましたが、結局”スキルを向上させるには実践だ”(前提としてその日は勝っているとして)という気持ちでトレードを続けてしまうことがあります。

勝ち続けられるならいいのですが、結局どこかで”ドカン”をやらかす可能性が高いところが問題です。

それなら、トレード記録をつけてだいたいどのくらいの回数取引した場合に”ドカン”をやらかす可能性が高いのかを調べ、一定回数以上でストップするというルールを作ってもみましたが、実効性がありません。(利益pipsを定めた場合と同じ)。

やはり自制心を鍛えるしかないでしょうか。

何か工夫されている点があればご教示いただけますと幸いです。」

 

ーやはり自制心を鍛えるしかないでしょうか。

一言でまとめると、そのとおりです^^

工夫している具体的な点は、色々ありますけども一番わかり易いところでは

長時間トレードしない
一度トレードを始めたら最長3時間で終了する

というルールですね。

私の場合は、長時間トレードするのは、負けるまでトレードを続けることにしかならない

というか、これまでの経験が全てそうだと物語っていたので、短時間でトレードは終了することが勝ちを確保できると考えたのでそうしてます。

もっと細かい1回1回のトレードでいうと
事前に描いたシナリオ通りに利食いするようにしています。

明らかに勢いついて、もっと伸びそうだ、ってときは粘りますが、最近はほとんど、自分が事前にターゲットと考えていたレートにきたら即座に利食いするようにしています。

しているっていうか、そうなってる感じですけど。

で、スキルアップには実践だ、というのは確かにそうだと思うんですけども必ずしも

実践=実際にトレードすること

ではないと思います。

勝っていると、つい調子に乗ってしまう。
その結果、勝ち分を吐き出す あるいは 負ける のであれば、

勝っているところで手を引く、トレード終了すれば利益を確保した勝ち逃げができるわけですよね。

であれば、ここでは「トレードしない」のが「スキルアップのために実践すべきこと」になると思います。

それは頭ではわかっているけどできない

というのは、心情は理解できますし、私もそういう時期が長くありましたが率直にいってしまうと

それは自分に甘いだけ

なので、本気でFXで勝ちたい・稼ぎたいのであれば、甘えは捨てるしかないです。

ということで、最初に戻って

自制心を鍛える
自己を律する

ことしかないです★

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>