author.php

メンタルの弱さ・強さとは?

メンタルを強くするにはどうすればいいですか?

と聞かれたら、私は

 

「トレードでトータル勝てるようになればいい。」と答えます。

 

いえ、冗談じゃなくて大真面目です^^

 

メンタルが弱いから勝てないんだ・・・と考えているときって

そのメンタルが弱いって言ってるのは

 

ルールが守れない とか

やっちゃいかん!と思ってることを繰り返してしまう とか

そういうことを指していて

 

ルールをきちんと守って淡々とトレードして、感情を排除すれば勝てる

規律を守る克己心が勝つために必要だ

と考えていて、そういう状態がメンタル強いって呼んでいるんだと思うんです。

 

確かにそれはそうなんですけど、

もともと克己心があって自己規律を厳しく守れる人であれば

メンタルが強い・弱いってことすら考えないタイプだと思うんですよね。

 

メンタルが強い状態が普通、当たり前だから、

自分の弱さが露呈したときは

何をすべきか、修行のやり方も心得ていて、

黙ってそれを実践していくだけなんじゃないかな・・・と。

 

で、私はまったく克己心も強くなければ規律に従うこともできない自分に甘~い人間です^^

明日やればいいことは、今日やる必要ないし~って考えるし

面倒くさいことは大嫌いですw

 

なので、一時期はメンタル強化がトレードで勝つ秘訣だ!と思っていたことはあるんですけど、

そもそも自分に甘くてゆる~く生きたい人間なんで、気合を入れても続かないし、

メンタルを強くしようとすることがストレスにしかならなかったんですよねw

 

でもトレードでは勝ちたい。

勝てる方法はメンタル強化以外にもあるんじゃないか。

そう考えました。

 

トレードで「メンタルが弱い」って呼ぶ状況というのは

欲に目がくらんでいる

焦り

不安

恐怖

不信感

などに気持ちが支配されているときだと思います。

 

不安や恐怖、焦りなどから衝動的にトレードするから負けちゃうんですよね。

 

で、こういう不安や恐怖っていうのは、

 

●自分が作り出しているに過ぎない

 

ってことに気づいたんですよね。

 

同じ値動きを見ていても、勝てる人と勝てない人がいる。

ということは、勝てない人は自分で勝手に不安や恐怖を感じてトレードしている。

値動きそのものが不安や恐怖を与えるわけじゃない。

 

じゃあ、不安や恐怖を作り出しちゃうのはなぜか?

と考えてみると、もともとの性格とかメンタル弱いからじゃなくて

 

・自分がどういうトレードをするか明確じゃない

・しっかり検証できていない

・トータルどのくらいの成績が出せるか自分の実力を把握できていない

・トータルプラスに出来るスキルが身についているかどうか分かっていない

・値動きのパターンに慣れる練習や訓練ができていない

など

つまり、準備が足りてないからだ って当たり前の結論に到達しました。

 

相場は不確実な世界なので、

準備をしたら必ず勝てるようになるわけではないですが、

 

少なくとも、きちんと準備をしたって自信があれば

恐怖や不安にかられるだけの衝動的トレードはなくなります。

 

私はそこで、

メンタルが弱いから負けるわけじゃない。

メンタルが強いから勝てるわけではない。

ということが、実感として分かりました。

 

負けてるときにメンタルが強い・弱い、それが原因だと言ってるのは

捉え方がズレているというか、そういうことじゃないんだって分かったという意味です。

 

もし、トレードで勝つための準備をするのが面倒で嫌だって思うタイプであれば、

それはメンタル弱いっていうより、トレードに向いてないだけだと思います^^

トレードに向いていないから、あまり好きになれない、

だから面倒だと思う。

 

トレードじゃなくても、趣味とかスポーツとかでも同じですよね。

例えば、ピアノが弾けるようになりたい。ピアノが好きだと思ってるなら

練習するのって苦にならないですよね。

壁にぶち当たるときはあっても、好きなら続けてるし、それほど好きになれなかったら止めてる。

メンタルが強いか弱いかの問題ではないですよね。

 

トレードだと「お金稼ぐ」に直結するから、好き嫌いは考えないかもしれませんが

継続して勝てるようになれるかどうかって、

トレードに向いている・向いていない、好きか嫌いか

って部分が結構、重要ポイントなんじゃないかと思います。

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

トレードのやり方

私が見ているチャートは日足・1時間足・5分足の3つで、
トレード前に日足と1時間足をチェックして、トレード中はほとんど5分足だけみています。

私は損小利小狙いでトレードしているので、

日足や1時間足のトレンド方向を確認して、その方向でのエントリータイミングを5分足でみている

というやり方はしていません。

5分足メインで利小狙い、って前提で考えるトレンドと
日足や1時間足でのトレンドでは、想定する値幅って違いますよね。
私にとっては50pipsくらい一方的に動いたら、トレンドって呼びます。

でも、日足で50pipsは、通貨ペアにもよりますけど、トレンドとは呼べない動きですよね??
1時間足でも50pips程度はトレンドと呼ぶには厳しいかと・・・。

で、15分足や30分足はみていません。
というのは、

●長い時間軸でのトレンドと一致する方向のエントリーだけ考えるわけではないから 
●15分や30分っていうのは、5分足の3本分・6本分なので、5分足をみていれば、15分・30分のチャートをわざわざみなくてもわかるから

という理由です。

5分足だけみていればいいよって意味ではなくて、私のトレードのやり方・考え方からすると必要じゃないと感じるから使ってません、ってことです。

また、私は損切上限を▲20pipsにしていますが、それは損小利小の利小狙いって前提や、使ってる手法・ルールとかトレードしている通貨ペアのボラティリティや資金管理を考えて妥当な数字って意味で設定しています。

で、長い時間軸でのトレンドと一致する方向のエントリーをするって発想で、エントリーのタイミングは5分足でみている、

というトレードをしている方で、たまに、損切▲20pipsにしていて損大利小になって勝てない・・・というメールをもらうことがあるんですが、
例えば長い時間軸を1時間足だと過程してみると、トレンド転換の判断って1時間足チャートで見るんじゃないのかな?って思うんですよね。

細かいエントリータイミングを5分足で見ていたとしても、大きい流れに乗ろうとするんだったら、メインは1時間足ってことになるかと。

そうすると、トレンド継続するのか転換するのかって、少なくとも足1本・2本では、まだ判断できないんじゃないかと思うんです。
1時間足のボラティリティを調べてみたら、例えばユロドルだと平均値ですけど、1時間に大体30pipsちょいうごいていました。(過去3年間)

1時間に平均30pips以上は動いているのなら、1時間足でのトレンドに乗るトレードやるなら、損切は1時間足でトレンド転換したかどうかを判断してから、になると思うので、
1時間足の最低でも2本の動きは判断に必要じゃないかと。

それだと単純計算でも、60pipsくらいの逆行は想定しとくことになるんじゃないかなと。

なので、そういうトレードをしていくのであれば、▲20pipsのストップは狭すぎるし、損切ビンボーになる確率が高くなるんじゃないかと私は感じます。

この場合は、1時間足のトレンドに乗るって発想を変えるのか、ストップをもっと広げるのかしないとうまく勝てないんじゃないのかな、と思います。

資金的に▲20pips上限にしないと厳しいって条件があるなら、そもそも1時間足のトレンドに乗るって発想が厳しいと思うし、それかもっと1時間のボラが小さい通貨ペアに変えるとかしないと。

自分がどういうトレードをしていくのかを考えるときにそもそも矛盾していることはないのか?
というポイントはおさえておかないといけないんじゃないかと思います。

 

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

押し・戻りとトレンド転換の判断

「パリスさんのトレードの勝率の高さに驚いています。
私も15ー20pips程度のリミットで、トレンド発生後の押し目・戻りを移動平均線で判断しながらトレードしているのですが、押し目と思ってエントリーするとトレンドの転換であったり、
逆に何度も押し目を形成して上昇しているので、ここはエントリーを見送ろうと思うと、その後ぐんぐん伸びたり、チグハグなトレードが多く、勝率が悪くなかなか蓄積されません。

パリスさんが、押し目かトレンド転換か、の判断で一番重要視されていることは何でしょうか?」

まず勝率の高さについてなんですけど、

勝率の高い手法・ルールを持っている のとは違うんですよ。
ユロドルで15pips目安にしているやり方の手法・ルールだと裁量なのでちょっと幅はあるんですが、原則のルールでトレードしたとすると

勝率はだいたい7割弱くらいになると思います。

で、10回やったら3回負ける、その負けトレードになる時のチャートパターンとか値動きっていうのを過去チャートでみて、リアルタイムでも判断できるように練習して負けトレードになりそうなときは手を出さないようにしています。

10回やったら7回勝つうちの、大まかには

大体3回はチャートの形が綺麗でわかりやすくて
残りの4回が、多分いけると思うけど早食い想定しておいたほうがいいかも、15pips取れるチャンスが一瞬=ヒゲのところになる

という感じで、できるだけチャートの形がわかりやすい3回のところだけエントリーするようにしています。

絶対にそうできるって意味ではないんですけど、私は勝率を上げることにこだわっているので、
手法・ルールではGOサインが出ていても、ここは本当に勝てる見込みが高い値動きなのか?って、
一呼吸置いてエントリーする感じです。

判断で一番重要視していること・・・というと難しいんですけど一番はやっぱり「値動きの勢い」だと思います。

押し目と思ってエントリーするとトレンド転換だった、というのは私も割りとありますけど、
エントリーした後の値動き・勢いで、なんとなくこれは伸びないな、っていうのは慣れてくるとわかってくるように思います。

「何度も」押し目・戻りを形成している後では、私は多分エントリーしないですね。

私は1回目か2回目の押し・戻りを狙うので、それを外したあとだと乗り遅れたという気持ちのほうが強くなるので、多分エントリーしても恐怖心のほうが大きくなって冷静にトレードできないと思うので、見送ると思います。

その後、ぐんぐん伸びていくのをみたらチっとか思うとは思うんですけど^^
まあ相場は明日もオープンしているからいいやって忘れるようにします。

慌てて飛び乗って取れるpipsと
見逃して明日頑張ろう!と割り切るのだと
私は後者のほうが成績が良いです。

押し・戻りをほどんど形成せずに陽線続き・陰線続きでぐんぐん伸びる時は

その日どれだけ動いていたとか、直近の安値・高値とか
長い時間軸のチャートでチェックした目安のレートとか

そういうのを参考にしつつ、値動きの勢いをみてエントリーを決めますね。

ぐんぐん伸びていくときでも、ちょっと動きが鈍ったりする時があるのでその鈍った感じが、単なる小休止なのか、逆行しようとしているのかを判断してエントリーすると思います。

同じ通貨ペアをずっとみてると、なんとなくクセとかがわかってくるのでもう一段上げるな・下げるな みたいなのとか
これは押し・戻りだな とかっていうのが、段々感じ取れるようになるんじゃないのかな、と思います。

いつも分かるって言うわけじゃないですけど、なんとなく感じ取れる様になると思います。
その感じ方が全くあってないなあってときは、私は値動きの波と調和できていないと思ってトレードを終了します。

値動きの勢いっていうと抽象的だとは思うんですけど、
トレードしているときに、その感覚ってどういうのかな?って少し意識するようにしてみると
わかってもらえるかな・・という気がします。

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

なぜ経済指標発表時にトレードしないのか

質問⇣
「昼豚さんは勝率は平均85%とか90%に近く損切もしっかりできるのに(私はいつも損切の位置をずらしてしまいます(笑)経済指標の時間帯はやらないというのをちゃんと守れるんですか?欲はでないものですか?」

指標発表の動きって苦手なので、極力NY時間はトレードしないようにしてます。

そういえば、真剣にFXに取り組むようになって一番つらかった、守りづらかったのって、

時間が来たらトレードを辞めてPCから離れること
負け逃げルールに該当した場合、次の日休むこと

でした。

チャートがみたくて、というかトレードしたくてたまらなかったんですよねー。

チャートをみない、トレードをしない時間を作るのを
「機会損失だ!」とか考えたがっていただけで
結果をみたら一目瞭然で、機会損失どころかリスク増大・負け増大みたいな。

アホか!と。

で、負けて頭に血が登ったり、何やってもどうせ反対に動く・・・って意気消沈してるときには
気合を入れてPCの電源を落として離れるようにしたんですが、一時間くらいTVみてるうちに、そういう気持ちがリフレッシュされてることに気づいて

まあ、負けをすぐ忘れるのもどうかと思うんですけど^^

リフレッシュしたあとって、やっぱり冷静に素直にトレード出来るようになってるんですよね。負けの理由もちゃんと受け入れることができる態勢になってるし。

トレードの勝ち負けに対して変な執着をするのは止めよう
と決めても、ついつい勝てると有頂天、負けると怒りか自己嫌悪になってたので、私にとっては、そういう気持ちが出てこないようにするには

さっさとトレードを終了する
長時間トレードしない

って行動を変化させることが一番やりやすかったし、効果もあったんですよね。

で、指標発表時の大きく動くときって、私にとっては頭に血が上りやすくなるんです。
ギャンブラー気質が刺激されるっていうか^^
そうすると、負け続けていたときにやってたトレードに逆戻りするなあと自分でよくわかっているので、手を出さないことにしてます。

後からチャートをみると、うわあ大きい動き逃した−とか思うこともありますけど。

ま、私はへたっぴなんで、この動きで爆死する確率のほうが高かったな。と考えて、気にしないことにしています。

欲はあるんですけど、欲望を持つ方向性が昔とは変わったって感じです。

欲はあるんですけど、欲望を持つ方向性が昔とは変わったって感じです。

自分が勝ちやすい時間帯・やり方でやれば稼げるっていうのがしっかりわかると、
負ける可能性が高いところには手を出さないのは当然のことって考えられるようになるので

FXで稼ぎた意欲があるからこそ、指標発表の時間は無視できるようになったって感じです。

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

レンジとトレンド

レンジとトレンドはどちらが得意ですか?

という話の続きです。
私はレンジのほうがもともとは得意で、今やっている利小狙いトレードはトレンドの一部を細かくいただくやり方です。

レンジもトレンドのもどちらもある程度はいけると自分では思っていたんですが、大きなトレンドをガッツリいただく=大きな波に乗るのは苦手です。

私は短時間で決着がつくほうが好み、自分にあっているので5分足をメインにしています。

トレードする前に日足・1時間足をチェックしていますが
日足・1時間足でのレンジ・トレンドっていうのは、少ししか気にしていないです。
目安になるレートのチェックは重視していますが。

例えば日足・1時間足でレンジだったとしても、
5分足でみると私にとってはトレンドと判断する値幅の動きになることがあるからです。

で、5分足メインでトレードしている私が苦手な
「大きな波、トレンドに乗る」っていう動きは
こんな感じ⇣の青丸から青丸までをロングで取ることです。
091129_eurjpy_nigates

同じ時間帯で私がトレードするとしたら、
得意だと(自分で思っている)レンジというのは、
こちらの⇣四角のところで
091129_eurjpy_tokuis
左の水色のところの動きをみて、しばらくレンジと判断して
残りの1時間半くらいの間で数pipsヌキを何度も繰り返します。

損小利小スタイルの押し目・戻りを狙ってるやり方というのは、青丸から青丸までのあたりを取ることです。

1回ずつじゃなくて、それぞれ2回くらいに分けてトレードすると思いますけど。利小でいいから確実に、ってタイプなんで。

もともとは四角のようなトレードをやっていて、そこからトレンドの一部を取るやり方=損小利小スタイルを始めて、今はそっちが稼ぎのメインになっています。

性格的に

短時間(数分〜数十分)保有>長時間保有
薄利>利大

のほうがあっているので、こういう損小利小スタイルの
スキャル・デイトレに落ち着きました。

で、レンジとトレンドって言っても
どの時間軸のチャートを見てるかで定義が違ってきますよね。

上の例で私がトレンド、レンジって呼んでいるところって、
もっと長居時間軸をメインにトレードしてる人からすると、
どっちもちょっとしたブレ?くらいな感触しかないんじゃないかなと。

例えば、こちら⇣は日足チャートですけど、
091129_eurusd_days

点線のところは、大まかにはレンジになっていますよね。
この右側のレンジのところを1時間足でみてみると、
091129_eurusd_1hs
大まかには上げ下げのトレンドを繰り返していますよね。

どちらも私の場合は5分足でみるので、日足のレンジの中で
5分足ではトレンドは発生してます。
1時間足でも然り。

こんな感じでレンジ・トレンドってみる時間軸によって違ってくるので、もし、レンジ相場が苦手なタイプで、この例の日足チャートをみてると仮定すると

1時間足ではトレンドが出てるから、
1時間足チャートでトレードをやってみれば勝てるのでは?

って気がしてきますよね。

でも、日足メインでトレードするのが自分には合ってて
1時間足チャートを見るのは苦痛 とか
仕事があるから、そんなにチャートチェックできない とか

人によって性格・環境・条件などがあるから、
一概に1時間足チャートでやればいいじゃない?とはいえないので

やっぱり自分のメインにできる時間軸の中で勝てるような自分に合ってるやり方を模索するしかなくなります。

(続く)

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

レンジとトレンドはどちらが得意ですか?

トレンド相場になる前に

最近のレンジ相場でうまく取れない
レンジのときってどうしてますか

と質問をいただいて、よくよく考えてみたんですけど
なんかぼんやりした回答しか思い浮かばなくて・・・。

というのは、私は「トレンドに乗ること」が苦手なんですよね。
だからレンジ相場のほうが得意と自分では思ってるんです^^

大相場では、はっきり言って大きく負けることばかりでした。安易な逆張りで塩漬け・・・どうしようもなくなってドカン損切ってパターンでした。

勝てるときというのは、レンジ相場で細かく抜いていくことで、そこでコツコツ貯めたものを
レンジがブレイクしてトレンドが発生してしまったときに、
反対方向のポジ持ってたら、損切できなくてドカンで吹っ飛ばす。
こういうことを繰り返してたんですよね。

私の得意はレンジ相場で、苦手はトレンド相場でした。

今も根本的にはそれほど変わりがないように思います。だから利小狙いスタイルを貫徹せざるを得ないってことなんですけど^^

で、こういうことを考えていくうちに、

レンジ相場が苦手で勝てないというタイプであれば、
今回の大相場では勝ててるのかな?と思ったんです。

もしも、今回のトレンドにも乗れていないとすれば
レンジ相場でもトレンド相場でも、単に値動きの波にのるのが苦手ってことになりますから。
それはチャートを見る練習を繰り返すしかないんですよね。

でも、今回のトレンドに乗って勝ててたとすれば、
トレンドが得意、レンジが苦手ってことになりますから、
トレンドが発生するまで辛抱する忍耐力をつける
レンジ相場ではストレス貯まるだろうけど、様子見するしかない。

あるいは、

レンジでも取れるように練習してみる。
トレンド相場でもレンジ相場でも対応可能になる。
・・・・というしか方法はないかと。

確かリチャード・デニスだったと思うんですが

トレンドを定義することよりも
一貫してトレンドに乗っていることを確認するほうが重要

って言ってました。

トレンドだと認識できるかどうかってことより
トレンドだと判断したときに、ちゃんとそこで利益を上げられていますか?
という意味だと思うんですが、この言葉から察するに

チャートをみて、トレンドだと判断できる力 と
そこで利益を上げる、トレード実践力(?)とは
別物らしいってことが想像できますよね。

このトレンドをレンジと言い換えて考えてみると
レンジ相場が苦手だという質問者さんの場合、
チャートを見て、レンジだと判断できる力 と

レンジ相場でも利益を上げる、トレード実践力 と

どちらが今、問題なんだろう??

というのが私にはよくわからなくて回答がぼんやりしちゃうのかな??とも思いました。

前者の判断力のところだけ考えてみると、
トレンドだと判断できる、レンジだと判断できるって表裏一体だというか

今はトレンドだと判断できるなら、レンジではない
今はトレンドではないと判断できるから、レンジだ

逆に

今はレンジだと判断できるなら、トレンドは発生していない
今はレンジであないと判断できるなら、トレンドが発生している

ってことじゃないかと私は思うんですね。

で、最近はレンジ相場で苦手ですって言えるのなら、
レンジ相場を判断できてるってことなので
判断力の問題じゃなくて、トレード実践力が問題なのかな?って思うんです。

だとすれば、

A. レンジでのトレード実践力を上げる
B. レンジでは様子見 苦手相場には手を出さない

のどちらかを選択すればいいんじゃないかな、と。

でも、どの時間軸のチャートを見るかでトレンド・レンジの定義って違ってくるから、そこが問題なのか?って期もしてきました。。。

だとすると、トレードスタイルの問題になってきますね。今回はひとまずここまで。

 

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

手法・ルールの作り方のまとめ

しつこく続いた手法・ルールの作り方シリーズ最終回です^^

過去記事
手法・ルールの作り方1
手法・ルールの作り方2
手法・ルールの作り方3
手法・ルールの作り方4
手法・ルールの作り方5
手法・ルールの作り方6

手法・ルールの作り方6では、採用できそうなルールの検証結果と、
自分の計画表・目標設定とを考え合わせてみると

ルールの検証結果:勝率60% × 損益率0.75

では計画にそぐわないので、目標達成するには、

勝率75% × 損益率1

まで成績改善していく必要が有ることがわかりました。

成績改善するには、

・負けの回数を減らして勝率を上げる
・負けのpipsを減らして損益率を上げる
・勝ちのpipsを増やして損益率を上げる

の方法がありますが、とりあえず⇣こういう表を目安にして091114_kadai
仮想トレードとデモをやった成績をチェックしていきました。

勝率のところの回数は、
勝率60%なら10回あたりのトレード回数
勝率75%なら8回あたりのトレード回数

で、1週間とか1ヶ月とかで仮想ORデモトレードした合計回数をそれぞれ10回、8回で割ってみて、自分の成績の分布を調べるのに仕様。

それと、1回あたりの平均値を出してみて表の目標より
良い成績か悪い成績なのかをチェック。
良い場合はひとまずそれをキープ、悪い場合は原因追求して改善。

仮想トレードとデモでの成績が大幅に違うようであれば、原因を探って改善する。(主に心理面でしたが)

過去チャートに理想のエントリー&決済ポイントを書き込んでイメージトレーニングする^^

・・・というようなことを続けて、
勝率75%×損益率1はクリアできる!と思えるようになってからリアルトレードを再開しました。

たまに、ビビったり、ちょっと調子に乗りかけたりっていうことはあったので、そういうときは、リアルとデモの口座を同時に開いて

確信度が強い時はリアルでエントリー
迷いが少しあったり、ポジポジ病っぽくなってるときはデモでエントリー

にしてたこともあります。

でもやるべきことが明確になっていたので、
それほど大きく崩れる、ドカンやらかしちゃったりとか、
そういうことはなくなりました。

昔は目標設定とか、自分の課題を明確にしないままとにかく沢山pipsを取ればいい!ってレベルでトレードしていたので、

ま、手法と呼べるほどのものも持っていなかったわけですが^^

金額に一喜一憂して、負けるまでトレードしてたって感じなんですよね。

手法・ルールを自分でしっかり検証して計画も立てることによって

自分が今、何をクリアすべきなのか

っていうのが明確になると、それに集中していればお金ってついてくるんですよね。

テクニカルとかチャートパターンとか、何も知らない状態でチャート見てても、何も見えてこない

それは判断基準がないからですよね。それと同じで、ただ勝ちたい・稼ぎたいだけだと勝ち逃げ・負け逃げの判断基準がないので、
ダラダラ、トレード続けちゃうことになる。

勝ち続けることは不可能だけど、負け続けるのってなぜかよくあるので^^
ダラダラとトレードを続けるっていうのは、結果的に負けるまでトレードすることになっちゃうんだと思います。

その悪循環を断ち切るには、1日単位でも1周間単位でもいいから何をクリアできたら、あるいはクリアできなかったらトレード終了すべきかの判断基準を持つことじゃないかと思うんです。

私にとっては、それが目標設定・計画表と
そこに自分で検証した結果から導き出した課題設定でした。

手法・ルールを作る、自分で検証するのって重要な事だし、
ここを避けてはトレードで勝てるようにはなれないと思うんですけど

でも、本当に重要なのは、検証した後です。

勝つためには、何が自分にとって課題なのか?
をちゃんと考えて、

その課題を一つ一つクリアしていくように地道に練習・訓練する

ここをしっかりやることで、トレードで勝てる自信ってついてくると思いますし、リアルトレード再開した後に直面しがちなメンタルの問題も

練習・訓練をしっかりやってきたって自信があると、
そう大きく負けたりヤバイ状態になる前に対処できるようになると思います。

 

 

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

コツコツ損切できるのに勝てない

blueberries-864628_1280


損切りできるのに勝てない。
というご質問です。
「私はFX歴3年ほどですが、未だに勝てていません。他の方で負てみえる方は、
だいたい「損切りができない」とおっしゃってます。皆さんの悩みの種のようですが、
私の場合はちょっと違います。
損切りには全く抵抗なく、どのトレードでもスッと損切れます。
しかし切ることには全く抵抗がないため、逆に、
逆行を始めたらすぐ手仕舞いしてしまうのです。
だいたい成行で入り、すぐにOCO注文を入れますが、このエントリーは間違いだった、
と途中ですぐ手仕舞いです。
とにかく、数ピップス逆行した、または例えばロングのときMA少し割れた、
ショートのときラインを少し抜いた・・・と、すぐ切ってしまいます。
そしてまたエントリーし、また逆行してので決済し・・・の繰り返しです。
しかし、その後レートはOCOの利確レベルに到達・・・。
こんなことばかりです。
じゃあ途中で切らずに最後まで待てば?ということなのですが、それができません。
どのブログでも損切りできない場合の対処については書かれているのですが、
私のようすぐに切ってしまう悩みはあまり書かれていません。
全部の記事を見せて頂いたわけではないので、
もしかしたらどこかに書いていらっしゃるかも知れませんが、このようなケースはどう対処したら良いでしょうか?
これがなければ勝てていたトレードがずいぶんあります・・・
長文になり申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。」



そういえば過去に似たような質問があって、
最初は何を言っているのか理解できなかったことを思い出しました。

私は、損切りが出来ずにドカンをやらかしてしまいトータルでマイナスになる、
典型的なコツコツドカンだったので、
損切りが躊躇なく出来るのに勝てないってどういうことなんだ?と悩みました。
正直今でも理解しきれていない気持ちはあります。

しかし過去のやり取りで想像した結果、
損切りは出来るがトータルで勝てない人は、
コツコツ負けてチョロっと勝つ感じなのかな?と考えています。

もしそうであれば、チョロっと勝ってもダメで勝つときは大きく勝たないといけない、
いわゆる王道の損小利大トレードをやらないとトータルでは勝てないですよね。


>そしてまたエントリーし、また逆行してので決済し・・・の繰り返しです。
しかし、その後レートはOCOの利確レベルに到達・・・。
こんなことばかりです。


利確レベルに到達するのであれば、
エントリーの方向性は間違っていないはずですね。
一度や二度、損切りをしても再度、
同方向にエントリーすることにも躊躇がないんですよね?

過去のトレードをすべて見返してみて、
・数回の損切りで同方向へのエントリーを諦めたが、
その後、利確レベルに到達したものは全てのトレードに対して
どのくらいの割合で発生しているのか(勝てていたはずのトレードの割合)
・利確レベルは数回の損切りを取り返した上に、
プラスにできるだけの利幅は取れているか
を数字で把握してみてください。

それと、

>これがなければ勝てていたトレードがずいぶんあります・・・

ずいぶんあるということは、「トータルで勝てるトレードが出来ていたはず」
という意味ですか?(=数字で把握できている)
それとも「感覚的に勝てたトレードが結構あるような気がする」
という意味でしょうか?


ちなみに、過去にコツコツチョロリのタイプの方とやり取りしていたときも

>じゃあ途中で切らずに最後まで待てば?ということなのですが、それができません。


これと同じことをおっしゃっていました。

デモでとりあえずやってみて下さいと言ったときですら、
即座にできませんと返答されて(ちょっと笑ってしまうくらいに即答でした)、
「損切りに抵抗がないのではなく、結果がどうだろうとポジションを
ホールドしておくことが出来ないだけなのかな?」と、
何か根深いメンタル的なものがあるような気がしましたが、
私にはちょっとよく分からないままになってしまいました。



 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

手法・ルールの作り方6

 blueberries-864628_1280

前回の続きです。

過去チャートを見ていくアナログ検証で、
負けの回数を減らすには?
負けのpipsを減らすには?

を見ていった次にやったのは

3.勝ちは平均して何pipsくらい?

です。

例えば、検証してみたら⇣こういう2種類の結果が出たとしますよね。

091109_kenshoukekkarei

ルール1も2も、勝率は60%で、取れそうなpipsの分布が違う。

ルール1のような結果が出たら、ニンマリです。
ルール通りにエントリーしてOCOでリミット30:ストップ20で放置しておくだけでも、トータルで勝てますよね。

▲20pips〜30pipsまではすべて負けトレードにしちゃっても
勝率44% 損益率1.5なので、100回トレードしたら

44回勝ち×30pips=1320pips
56回負け×20pips=1012pips
トータル308pipsの勝ち

こういうウハウハな結果の場合は、過去チャートを精査する必要はあまりないですけども、普通はそんなうまくいかないので^^

ルール2みたいな結果が出たとすると・・・
(私は実際にこんな感じの結果が出ました)

おおむね10〜20pipsは取れそうで
割りと30pips以上狙えるときもある、って感じ。

で、勝てるところを過去チャートを見ていったんですが、
いまいち利を伸ばすかサクっと10〜20pipsで利食いすべきかの判断がつきづらかった・・・

なので、勝てるトレードの過去チャートを精査するんじゃなくてチャートの右側を隠してずらしていく仮想トレードをやりました。

同時にデモもやって、仮想トレードとデモの成績を比較しました。

そうすると、仮想トレードだと、30pips以上取れる時は結構イケてる感じなんですけど、デモだとあまり利を伸ばせてないことに気づいて、
自分の心理&行動パターンを考えてみた結果、
ある程度一方向に動くときでも、ちょっとした押し・戻りで迷いが生じているのがわかり、
ここは利を伸ばせるように努力するよりは、
利小でいいから確実に利食いするほうが私にはあっていると結論を出しました。

ということで、平均的に1回あたり15pipsは取れると考えました。

ルール2の例だと10pips以上30pipsまでは合計40%ですから、10回トレードしたら、4回は15pips取れるだろうと予測が立ちます。

30pips以上は20%発生します(10回中2回)から、最低でも2回は15pipsは取れるだろう。
もし大きく動いて例えば100pipsくらい動いて、押し・戻りが2回とかであれば、そこで再エントリーすれば、+2回くらい15pips取れる可能性は出てきますね^^

最低でも勝ちトレードのときは15pips取るようにしたらストップは▲20pips上限までいったとしても
損益率0.75×勝率60%ならトータルで勝てます。

10回トレードしたとして、
6回勝ち×15pips=90pips
4回負け×▲20pips=80pips
トータル10pipsの勝ち

でも、同時に損小利小で月に手取り100万円稼ぐには?って計画を立てていて1日に20〜30pips 月に400〜600pipsは取ることを考えていたので
トレード10回あたり10pipsプラスで、その目標達成しようとすると月に400〜600回、1日20回トレードが必要になります。

1日20〜30回っていうのが現実的なのかどうか?
って問題がここで出てきますよね。

アナログ検証の結果から、だいたい1日に何回くらいエントリーチャンスが出るかっていうのは分かるので、それと照らし合わせて考えればいいんですが、
私の検証してたルールだと、1日20〜30回もエントリーチャンスはなかったし、自分でも長時間トレードが嫌で、理想は1日1回エントリーで30pips取りたい!

ま、それは継続こんなんだろうから、1日2〜3回、多くても10回までって考えていたので

このルール2の勝率60%損益率0.75のミニマムの成績では望む結果は得られないんですよね。

で、

負けの回数を減らす
負けのpipsも減らす
勝ちトレードの中の30pips以上のときに15pips以上取る

のバランスで、もっと成績向上しないといけない。

 1日20〜30pipsが獲得目標で
1日のトレード回数10回以下(できれば5回以下)

って条件で目指す 勝率×損益率をかんがえてみると

大まかには 勝率75%×損益率1の成績を出せればOKでした。

で、仮想トレード&デモで、その成績を安定して出せられるようにトレードの練習を続けていきました。

 

 

 

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

手法・ルールの作り方5

blueberries-864628_1280

 

過去チャートをみながら手法・ルールの作り方2
表のようなルール通りにエントリーしたら、何pipsくらい取れるのか?
を数値化してみた後、私がやったのは

1.負けの回数を減らすには?
2.負けのpipsを減らすには?
3.勝ちは平均して何pipsくらい?

の順番に過去チャートを細かく見ていくことでした。

負けの回数自体を減らすのを1番に考えたのは、
ルールの発想から言って、明らかに手をだすべきではない負けトレードっていうのが発生しているだろうと思ったからです。

例えば、ゴールデンクロス・デッドクロスをエントリールールにする場合は、トレンドフォロー(順張り)を連想していることになりますよね。

トレンドの押し目・戻りを狙う感じではないですけど、
ある程度、トレンドが始まっただろうってあたりで順張りするルールと考えられます。
(ま、MAの設定期間にもよりますが)

であれば、レンジ相場のときは手を出さない、っていうの基本になりますよね。

なので、負けトレードが発生しているところを過去チャートで見て
レンジだと判断できれば、そこのエントリーをしなければ負けの回数は減らせます。

例えば、勝率60%の検証結果が出ていたとすると、
10回トレードして負けは4回

もし、負け4回のうち、明らかにレンジだなって判断できるトレードが1回あれば負けは3回に減らせて、勝率は67%に上がる

勝ち6回 ÷ トレード合計9回 =0.666

2回あれば負けは2回に減らせて、勝率は75%に上がる

勝ち6回 ÷ トレード合計8回 =0.75

または、仮に負けトレードが発生している時間帯をチェックしてみたら8割ほど朝に集中していた。

ではれば、朝にはトレードしない、ってすれば、
負け4回の8割減(マイナス3.2回)で、1回に減らせる。

それだけで、勝率は86%に上がります。
勝ち6回 ÷ トレード合計7回 = 0.857

そして次に、明らかに手をだすべきではない、とは言い切れない
絶対に発生するであろう、受け入れるべき負けトレードっていうのがあるので

そういうときは、ストップ上限までいかずに、
なるべく損を減らして切れるようにできないか?

という観点で負けトレードを見直してみました。

これはデモでリアルタイムの練習をしていくうちに、上達してくる部分が大きいので、検証段階であまりルール設定を厳しく考える必要はないと感じます。

ただ過去チャートを何度も見ていると、負けトレードが発生しているところで
例えば

ローソク足が短くなっている=値動きの勢いが弱まわっている?とか
直近高値・安値を越えられるかどうかがポイント?とか

判断基準になるものが、段々と見えてきたりするんですね。

そういうのを課題にして、練習するときにクリアできるか試していく。
デモのリアルタイムで、そういう判断が適当か感じ取ってみる。

こういう風に考えながら過去チャートと向き合っていると
値ごろ感とかで手を出す気持ち、エントリーを待てない気持ちっていうのが
私の場合は薄れていきました。

自分の心理に影響されて損切したのではなくて、

相場の動きをみて、自分なりの判断基準に照らし合わせると
切るべきとかんがえられるので損切り

という考え方に変わって、
負けを認める・受け入れることができるようになっていったと思います。

3.勝ちは平均して何pipsくらい? はまた次回。

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

こちらの記事もどうぞ

この記事を書いた人

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。