author.php

自信がゆらぐとき

 

 

トレードで勝ちが続いてコツが掴めたかな~って思ったら負けが続いて、

自信がついてきたものがチャラになったみたいで

全然前に進めてないような気がして

凹んでしまいます。。。

 

コツが掴めたかな~って思う、その「コツ」っていうものを

まずは明確にしてみたらいいんじゃないかな?と思います。

 

言葉に出してみる、書いてみるってことね。

 

多分、勝つためのコツっていうのが、今はまだ

はっきり分かってるわけじゃなくてボンヤリしてるから、

確固とした自信につながらないんじゃないかと思います。

 

で、コツっていうのは、人それぞれなので

自分なりに今気づいてることを明確にするだけでいいと思いますよ。

 

コツが明確にしてあれば、負けたときに理由がはっきり分かるので

心理的にあまり凹まなくなるんですよね。

 

私の場合は、

コツとかが分かってきた段階だと、負けても、

「やっぱり」こうすると負けるんだよね

って納得する、再確認する感じでした。

 

逆に勝ったときも、

「やっぱり」そうなのか、そうだよね。

って、これまた納得する^^

トレードに慣れれば慣れるほど、そんな感じになっていきましたよ。

 

勝ち負けによって気持ちが変化する、自信がゆらぐ状態のときは

まだトレードスキルが身についていない

または

自分にとって身につけるべきスキルを明確にできていない

んだと思います。

 

なので、

勝てた・成績がプラスになったから、自信がつくわけではなくて

勝っても負けても、自分で納得がいくから自信がつく

ものではないかな?と思います。

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

リアルトレード開始はいつ?

リアルトレードはいつ始めるべきか?

デモはどのくらいの期間やればよいのか?

 

人それぞれだと思うんですが

私の今の個人的な考えだと

 

準備がしっかり整ってから始める

準備がしっかり整うまでデモをやる

 

だと思います。

 

昔書いた気もするけど、

デモだと本気になれないから

小額でもいいから1000通貨とかで自分のお金を投じて

トレードしたほうが勉強になる

という考えには私は賛同しないです。

 

準備が整っていない

つまり

 

手法・ルールが明確ではない、検証できていない

手法通りの機械的トレードができる状態じゃない

 

などのときにリアルトレード開始するのは

 

1000通貨だろうが1万通貨だろうが100万通貨だろうが

損益の絶対額が違うってだけで、根本的には何も変わらないし

その状態でリアルトレードをやってると

 

勝ち負け・損益に一喜一憂しやすくなる

 

のが一番問題だと私は思う。

 

知る → 出来る → 上達するの「出来る」段階までは

仮想トレードやデモと、それに伴う検証作業を

しっかりやるべきだと私は思っています。

 

手法・ルール通りにトレード「出来る」のは当たり前で

その上で、

リアルタイムの値動きを前にしても翻弄されずに

より優位なタイミングを図れるようにするとか

早逃げ出来るようにするとかの「上達する」ことを

リアルトレードを通してやっていくんだと思ってます。

 

なので、

知る → 出来る の過渡期でリアルトレード始めて、

ルール通りに出来るかどうか試してる

とかってのは、

それはちょっと危険じゃない??と感じます。

 

私は、デモもリアルも本気でやるべきとは思ってますけど

そうは言ってても、現実的に

リアルのほうが自分の虎の子のお金がかかってますから

緊張度合いは、そりゃ違うので

 

どんだけ仮想トレードやデモで練習・訓練積んだと思ってても

リアルトレードだと、値動きに翻弄されるし

メンタルぐらつきやすくはなりますよ。

 

で、

リアルだとメンタルぐらつきやすいっていうのは

すなわち、

 

お金の増減=損益、勝ち負け に目が向きがちになる

欲望や感情に支配されやすくなる

 

ってことですから、

どれだけ準備をしたと思っても

それ以上に、欲望と言う名の怪物は怖いわけです。

 

そうすると、

準備が整ってない状態だと、怪物にやられるのは当たり前

だと思うんですよね。

 

という意味で、

準備が整ってないときにリアルトレード開始すると

当然のように勝ち負け・損益に一喜一憂しやすくなると思うし

それだと、勝つ・勝ち続けられるスキルアップからどんどん離れていくだけで

堂々巡りにはまるだけだと思うんです。

 

それに、堂々巡りにはまると

 

トレードの経験期間は長い、経験値もあるはず

なのに、全然勝てない

 

という、自信喪失状態になる。

 

自信を喪失すると

トレードが怖くなったり、

でも失くしたお金は取り戻したいと焦ったり

訳分からなくなって自暴自棄になったり

余計に感情・衝動に支配されやすくなる。

 

こういう悪循環にはまるだけで、

リアルトレード開始した頃より、むしろ後退する結果になるんじゃないかと。

 

ということで、私は

準備が整ったと自分で思えてからリアルトレード開始するのが

一番合理的だ

と考えます。

 

準備が整ったかどうかは、自分が一番良く分かってるよね。

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

勝率とポジポジ病

 

5万円FXを購入して3ヶ月でデモトレ中です。
安定して勝率を上げることが本当に難しいなと感じ、
昼豚さんの安定した勝率は本当にすごいことだとより強く思います。
(まだ3ヶ月のペーペーですが・・・・)
慌てずに毎日学習して、リアルトレードで安定した勝率にできるようにしたいと思います。
(まだ負け始めるとポジポジ病が出てきます)

ご購入ありがとうございます^^
ところで、5万円FX購入以前からFXは始めてました?
それとも、FXに興味を持って、まだトレードはほとんどしてないときに
5万円FXを購入しました?

私はFXを始めた当初の、ほとんど何もわかってなくてトレードしていた頃の成績が
典型的なコツコツドカンで

ドカンでトータル負けてるくせに^^
勝率が高いことに自負みたいなのがあって
自分の読みというかセンスというか
そういうのに変な自信があって、

損切りさえ徹底できたら、私は余裕で勝てるはずなんだ

と思ってたんですよね。

その後、チャートパターンやテクニカル、資金管理もろもろも勉強を
してからも、
勝率を高くすることができる、それは私の強みという思いは消えることなく持ち続けていて、でもその勝率を高くキープするには、
短期で利小狙いって条件付きという弱みもわかっていたので

今の5万円FXのスタイル、手法に落ち着いていったんですね。

なので、勝率が高いことはすごいわけではなくて
もともとそういうトレードが自分に合っていたってだけなんです。

そのかわり、利小・薄利で決済しちゃってますから、
負けトレード・損切りをいかに回数、pipsともに減らせるのか?

が大きな課題になるんです。

で、いかに負ける回数と損切りpipsを減らせるかに取り組んで結果がついてくるようになると

負けを小さくするスキル、テクニックが身についてきて、
それとともに心理的にも余裕が出てきますから、
より安定した成績をキープできるようになり、

それを継続していくうちに、よりスキルアップしてきて
その結果、損益率も高くなってきました。

もし、5万円FX購入以前に、数ヶ月か数年かトレード経験があるのであれば、
そのトレード履歴を振り返って
その勝率を高くすることにこだわる(こだわらざるを得ない)損小利小のスタイルが、本当に合っているのかどうか、自分に向いていそうかどうかの自己分析はしてみてください。

まずは、手法・ルール通りに機械的トレードを必ずやって、
どういう結果になって、どういう心理状態になるのかを把握すれば、
損小利大のスタイルが自分に合っていそうかどうかはわかってくると思いますので。

同時に、安定した勝率を出せるようにすることが
本当に取り組むべきことなのかどうかもわかってくると思います。

また、昔書いたかもしれないけど、
ポジポジ病は、トータルの結果がマイナスだったら悪い病気と言われるだけで
これがトータルプラスだったら、スキャルの成功例と言われる

と私は考えているので

トータルマイナスだったから、

ポジポジ病のせいで負けた・・・
ポジポジしないようにメンタル鍛えないと・・・

みたいな思考をしているのだとすると、
ちょっと分析が甘いと私は感じます。

私は、ポジポジしちゃうこと自体は別に誰でもそういう傾向・指向はあるよね?
ポジポジすること自体が悪いわけではないでしょ?
と思っています。

私自身がコツコツドカンの典型だったので、
基本的にポジポジしたがりなんですよね。

でも、私の場合は、たまにやるドカンが足を引っ張ってて、
それは、損切りを受け入れられてないのが原因だったわけで、
ポジポジしちゃうことが原因で負けてたわけじゃないんですよね。

質問者さんは、負け始めるとポジポジ病がでてくるとのことですが、
おそらくその文章から想像すると

負け始めると焦り、イライラから適当なエントリーをして、
損失を増やす結果になることが多い

ってことかなと思うんですけど、

負け始めてイライラしだしたなってときに
さっさと手を引いて、トレード終了する
気分をリフレッシュできてからトレード再開する

のが一番良い方法だとは思うんですが、
まあね、それが最初からできる克己心を持ってる人は、
そんなにいないよね^^

私も、カッとなって甘いエントリーしてた時期はありますけど、
とりあえず発想を変えて、イライラして攻撃的になっている自分をまず肯定して、
ポジポジしちゃっても大損害を被らないようにする
下手な欲を出さずに、1p抜きとか、何回やったらor何時までやったら止めるとか
ルールを決めてやる

負けてイライラしてポジポジするのはストレス解消のため、と割り切ることを覚える

そのため、負けを取り返せなくても、
損害を拡大させなかっただけ自分最高と気持ちを上げていく

なんかそういうことをやっていくうちに、
自分なりに、負けてるときのメンタルに対処することを学んでいったような気がします。

なんていうかな、カッとなってポジポジしても大惨事にはならずに
逃げ切れる自信みたいなのが出てきて、

それに慣れてくると、冷静に、今ポジポジしても良くて
微益で時間の無駄だし
ここでサッサと切り上げて、TVでも観てストレス解消したほうがいいわ

と思えるようになりました。
克己心が最初からあったわけではないです。

それ以外では、
負け始めるとポジポジ病になるのだと

発症前の一連のトレードの時に、

チャンス逃した、あそこで入ってたら取れた
みたいなことが割とあって
次は絶対行くぞ。と決めてトレードしたら負けて・・・

とかじゃないのかな。という気がしました。

もしあたっているとしたら、今の自分が手法・ルール通りにやったら、
どんな成績になるか検証をちゃんとやるのと、最初は勝ち負けは気にせずに手法・ルール通りに機械的にトレードすることを身につけるのが必要だと思います。

機械的トレードするのが身についてない段階の
チャンスを逃した とか
今の様子見して正解 とか

そういうのは、メンタルを不安定にする要因だと思いますので。

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

裁量トレードの練習段階

裁量トレードのスキルアップの練習をするときに

最初は(というか最低限のレベルとして)

 

自分の手法・ルール通りに機械的にトレードする

 

それが出来るようになってないと、

裁量を入れてトレードする段階にはいけないと思います。

 

機械的トレードが出来ていない状態で裁量を入れているのだと

それは『裁量』とは呼べないと思います。

 

例えば、

自分の手法通りにチャートを見たら

ロングすべきところなんだけど

結構上がったと思うから、エントリーを見送った

という場合。

 

練習の初期段階でこういうことをやるのは、私はどうかと思いますね。

 

機械的トレードが出来るようになるには、

まずはちゃんと機械的に手法通りのエントリー&決済をしてみないと

ポジ持ってからの値動きが与える影響っていうのが体感できないわけですから。

 

ポジ保有中と、ポジ持ってないスクエアの状態では

チャート・値動き見てても、見え方っていうのは絶対に違うので

 

大抵の人は、ポジ保有中のほうが感情がゆさぶられると思うし

損切りになったら、それが後に与える=尾を引くのも普通だと思う。

逆に利食いでも調子に乗るって尾を引くよね。

 

それで、視野が狭くなったり、

自分に都合よく、自分を正当化するようなチャートの見方をするようになったりして

手法・ルールを忘れて衝動的トレードをやってしまう。

 

前にも書いた、 デモだと出来ない のように

リアルタイムの値動きに翻弄されてしまうのを矯正するには

 

自分がどういうときに、どういう心理状態になって、

やるべきではないことをやってしまうのか

やるべきことを出来ないようになってしまうのか

を何度もしっかり把握・体感して、

 

客観的にそういう状態になりかけてるのを早目に気づけるようにならないと

衝動的トレードを回避できるようにはなれないと思います。

 

なので、練習の初期段階では、

ある意味、頭を空っぽにして

 

決めたことを何も考えずにそのままやってみる

 

やったときにどういう値動きになって、

それに対してどういう心理状態になるか を書き留める

 

とかをやったほうがいいかと思います。

 

こういう体感をせずに、単に頭でうまくやることだけを考えていると

上記のような、

手法・ルールに従わずに、上がりすぎたと思ったから様子見した

という行動を取ってしまうのではないかと思います。

 

で、

練習の初期段階にこういう風にやっていると

根本的には、勝ち負けに焦点を当てている ことが多いように思います。

 

もし、様子見してロングしなかった後、もっと上昇したら

入るべきだったのに・・・って後悔したりとか

 

逆に、そこから上値が抑えられてレンジになるか下降しちゃったら

思った通りだ!流れ読めてる!って変に自信持っちゃったりとか。

 

これは別に悪いことではないけれども

私は、

スキル身につけることより勝ち負けに一喜一憂していると感じますし

基礎固め・土台作りっていう意味では

あやふやなものしか身につかないと考えます。

土台がしっかりしてなかったら、長い目で見ると危険ですよね。

 

だから、例えば

 

手法・ルール通りには出来てなかったけれど

今日はプラスで終われたから、それでいいや

プラスで終わることのほうが大事だ

 

と練習の初期段階で考えてやっていくのは、ちょっとどうかなと思います。

 

プラスで終わらせるのは

機械的トレードが出来るようになった後

自分の裁量を入れていく段階になってから意識すべき課題だと思いますから。

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

機能するトレンドライン?

 

トレンドラインに関する質問です。どうもありがとうございます。

 

パリスさんはトレンドラインを引くことはないのでしょうか?

移動平均線で近似できているから、移動平均線を使うようになったとのことですが

トレンドラインを引くよりも移動平均線のほうが使いやすいのでしょうか?

私は機能するトレンドラインを引こうと頑張っているのですが

イマイチうまくいっていないような気がするので、

トレンドラインより移動平均線を使いこなす練習をしたほうがよいでしょうか?

 

トレンドラインはメインの5分足には引いてないですね。

移動平均線で代用できているので。

日足や1時間足のチャートには、極たまに引いてみることはあります。

 

トレンドラインと移動平均線とどっちが使いやすいか?は

どうなんだろう、人による・・・??

 

私はトレンドラインを引きまくってトレードに使う実践的なことを

あれこれ試行錯誤していたときに

トレンドラインの限界というか弱点というか

私にとって不満だった点をどう解消すればいいかを考えていくと

移動平均線だとそれを解消しやすいと思ったので

移動平均線を使いこなすようにしただけですね。

 

だから、単に

トレンドラインを引いてトレードするのと移動平均を使ってトレードするのと

どっちのほうが勝ちやすいか?

という意味だとしたら、どっちもどっちだと思います。

 

どっちも自分が使いこなせるよう、実践的なことを考えながら練習すればいいだけかな、と。

 

で、気になったのが

機能するトレンドラインを引く

ってところ。

 

機能するトレンドラインの引き方

っていうものが本当にあるのなら、私も知りたい^^

 

これ前に書いた 正しいトレンドライン? と同じような意味じゃないのかな・・・??

 

機能するトレンドライン と言ってる言葉の意味やイメージが異なってるだけかもしれないけど

 

私は、 機能するトレンドライン と聞くと

いつでも当たるインジの設定値

のようなニュアンスで捉えてしまうんですけど・・・

 

例えば、上昇トレンドラインを引いたとしますよね。

 

ラインを引いたあとに、押し目形成して、

そのラインで反発・上昇したとすると

その上昇トレンドラインは「機能している」ってことになりますか?

 

もし、その押し目と思ったときにそのまま逆行続けて

ラインを下抜けてブレイクした場合は?

そのトレンドラインはブレイクされたから「機能しなかった」ってことになる??

 

それとも、そのトレンドラインぴったりで反発・上昇せずに

多少の下ヒゲが出ちゃってから反発・上昇したときや

トレンドラインまで届かずに、少し上で反発・上昇したときは

そのトレンドラインは「機能しなかった」ということ??

 

私にとっては、

トレンドラインをブレイクした場合でも

ラインぴったりでの動き方をしなかったとしても

 

そのトレンドラインはトレンドラインとして有効なもので

そのラインを目安に自分がどう考えて判断するかだけじゃないか

と考えますけど・・・

 

そのラインぴったりで機能するかしないかは、そのときによるし

むしろ、ラインぴったりで動いてくれるほど値動きって簡単じゃないし

だからこそ値動きを見て判断する練習が必要だと思うんですが・・・。

 

なので、私はやっぱり「機能する」トレンドラインってよく分からないし、

 

機能するトレンドラインを引こうと頑張る

というのが、

目的意識がズレているように聞こえてしまうんですよね・・・。

 

トレンドラインだけではなく、

どんなインジ・テクニカルでも

いつでも必ず値動きを言い当てる

なんてことはできない、存在しないと私は思うので

 

トータルでプラスにするために

どう使いこなせばいいか?

という発想じゃないと

トレードの練習にならないんじゃないのかな・・・と感じます。

 

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

チャートパターンと狙い方

仮想トレードだと出来るのにデモ(またはリアル)だと出来ない

 

※仮想トレードとは、チャート画像の右側を隠して少しずつズラしながらトレード練習すること

私が勝手にそう呼んでいるだけです。

 

これは、

目の前のリアルタイムでの値動きに

どうしても翻弄されてしまうから

というのがメインの理由だと思いますが

 

リアルタイムでの値動きをずっと見ていれば慣れる問題かと言うと

 

私は、そうではなく

目的意識を持って、リアルタイムの値動きを見ているかどうか

で変わると考えます。

 

リアルタイムの値動きを

根本的に、勝とう と思って見ている

勝ち負けを重視する心構えでやっている

と翻弄され続けるだけではないか?と書きました

 

これを単に、

心を入れ替えよう!と決めただけでは

何の解決にもならないのでは?と思います。

 

原因はメンタルだ、と言ってるのと同じようなもの。

 

『目的意識』を持って値動きを見るためには、

何を目的とするのか?

すなわち、自分に取っての課題を明確にしておくこと

が先にありますが

 

明確かつ具体的な課題設定ができていない(できない)場合は

基礎的な値動きの見方・チャートパターンの理解が不十分だからではないか?と思います。

 

今FX始めたばっかりの人を除けば

デモ(またはリアル)は、自分の手法・ルールが、

完全とは言わないまでも、ある程度は決まっている状態でやりますよね。

 

ということは、ある程度、

自分が狙うチャートの形・パターンというものがあるはずですよね。

 

しかし、

狙う形・パターンまで待てない、

少しの値動きにビビってしまう のは

 

メンタルがどうこうより

自分の狙い方 に関しての理解が不十分なのではないか?と。

 

で、一般的なチャートパターンってありますよね。

ダブルトップ・ボトム、トリプルトップ・ボトム、ペナント、フラッグ、

なんとかトライアングル とかそういうの。

 

こういうパターンになると、こう動くことが多いので、こう狙うのが妥当です

みたいなことって本読めば書いてありますよね。

 

理解が不十分ではないか?と私が思うのは、

本を何冊か読みました。チャートパターン理解しました。

なので即実践。

という風にやっている場合のことです。

 

教科書のセオリー通りに相場が動くのであれば

正直、誰でもすぐに儲かるはず。

でも現実はそうじゃないですよね。

 

私は、チャートパターンについては『先物市場のテクニカル分析』で学びましたが

タイトルにあるように、これは先物市場での話なんだなと思っていたので

為替でも同じようなパターンが見られるかどうかは別の話ではないかと思い

そのときメインにしていたドル円のチャートでパターンを探す・調べることをしました。

 

また、はっきりとは知らないけど

先物のレート(プライス??)で、多分、日足のデータが元での話なんじゃないかなと思っていたので

もしかするとFXでも日足なら指摘されてるチャートパターンが出るかもしれないけど

デイトレでやる5分足とかでは、また話が違うんじゃないか

とも思っていました。

 

それと、説明で取り上げるチャートっていうのは

説明が理解しやすいように、きれいな形のものを選んでるのが普通なので

そういうきれいで分かりやすい形だけではなくて

少し崩れていたりするのは当然なので

実際のチャートではどうなのか?を見ていきました。

 

この段階では、

自分がメインにする時間軸の、FXのチャートでのパターンを見る・知る

だけです。

 

チャートパターン(形)っていうのと、

自分が狙うパターン(形)は、また違いますから。

 

例えば、トリプルトップ(=チャートパターン)だと

ネックライン割れたら、

トップとネックラインまでの値幅と同じくらいネックラインから下げる

から、ネックライン割れを狙ってショート(=狙うパターン)

みたいのが教科書的な話かな、と思うんですが

 

この狙い方以外にも、短時間でスキャルやってるなら

トリプルトップの天井形成のところの動きをレンジと考えて

細かく上げ下げを取りに行く

という狙い方、狙うパターンと考えることもできますよね。

 

でも、目先の動きだけしか見えてないと

単にレンジとしてしか考えてないので

ネックライン割れたときに打撃を受けるわけなので、

 

ここは、トリプルトップというチャートパターンになる可能性がある

という認識を持って値動きを見つつ

 

短期・スキャルのスタイルで自分はトレードしているので

上げ下げを細かく狙っていくが

ネックライン割れるか?のあたりでの動きには注意しておく

というように、

 

チャートパターンと自分の狙うパターンについて、しっかり理解をしておくと

リアルタイムの値動きを前にして翻弄される

心をかき乱されて、衝動的トレードに逆戻り

とかそういうことは軽減されるはずではないか?と私は思います。

 

また、リアルタイムで値動きを見ているときはチャートパターンの形成途中ですから、

チャートパターンの完成形の理解 プラス 自分のメインのチャートでのパターン出現の理解

が不十分だと余計に翻弄されやすくなるのではないかと思います。

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

デモだとできない

 

ご質問です
「過去チャートの仮想トレードだと、
プラスにできて、納得いくトレードができるんですが、
いざリアルに動いているチャートだと、早めにエントリーしてしまったり、
ビビってすぐに損切りや利確をしてしまったりします。
(デモでトレードしています。)
これは、仮想トレードとデモトレードを続けて数をこなしていって、
リアルの動きにも慣れれば解決する問題なのでしょうか?

それとも何か変えないといけない問題なのでしょうか?」

リアルタイムの値動きを前にしたら、思うようにトレードできない
というのはごく普通のことだと思いますよ。

トレード練習の初期段階では、
手法・ルール通りに機械的にトレードできるようにするのが
最初の目的になりますから、
そういったリアルタイムの値動きに翻弄されて
機械的トレードができない状態を
矯正していかないといけないですよね。

まずは、その矯正すること=練習すべきこと
は誰でも通る道じゃないかな、と思います。

で、
根本的に 勝とう と考えてデモをやってる勝ち負けを重視する
心構えでやっていると、
いつまでも値動きに翻弄されるだけだと思います。

手法通りにやることをいつしか忘れて、
自分の感情に従った衝動的にトレードをしてしまう
感情でチャート・値動きを見てしまう(=自分の都合で見てるだけ)

そして堂々巡り・・・かなと。

最初は、勝ち負けとかトータルプラスにするとかの成績ではなく

リアルタイムの動きを前にしても
手法・ルール通りにトレードする
=正しい行動をする

という考え・心構えでトレードしないと
ビビって利確とかやってしまうのではないでしょうか?

また、仮想トレードだとできるのに、デモだとできない
と自分でわかっているわけですから、

仮想トレードとデモで、どこか違っていたかをちゃんと検証して

デモのときに、エントリーは足が確定するまで必ず待ってみる
とか、具体的な課題設定をしてから次のデモをやる
という風にしていかないと行けないかと思います。

で、
今日デモをやったとしたら
あとで今日のチャートの画像で、仮想トレードをまたやってますよね?

今日のデモの結果と、今日のチャート画像での仮想トレードの結果を
比較検証しないと具体的な課題設定はできないと思いますよ。

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

仮想トレードとデモ

検証についての質問です。

どうもありがとうございます。

 

検証の際に、

“仮想トレード”と“デモ”をやられていたようですが、

どうして2つやろうと思ったのでしょうか?

 

仮想トレードというのは、

チャート画像の右側を隠して少しずつズラしながら

トレードの練習をすることで

 

デモは、文字通りリアルタイムで値動きを見てやる

デモトレードのことです。

 

仮想トレードは、デモと区別するために、私が勝手にそう呼んでる名称で

FXの一般用語ではないので、その点は誤解なきよう。

 

で、

仮想トレードとデモというのは、私の中で位置づけが違っていまして

受験勉強で例えると

仮想トレードは練習問題を繰り返し解くこと

デモは模擬試験とか中間・期末試験など

 

それに対して

自分のお金でリアルトレードをするのは、本番の試験

のようなイメージです。

 

なので、私は仮想トレードとデモは両方やるものだと普通に思っていたので

どうしてか?と聞かれると

それは深く考えたことがなかったな・・・と^^

 

今、少し考えてみたんですが

パッと思いつくこととしては

デモだとリアルタイムで値動きを見るので、

1時間分のトレード練習しようとしたら、そのまま1時間かかりますが

仮想トレードだともっと時間を短縮できますよね。

 

その、時間を効率的に使う というのがまずあります。

 

スキルアップには、練習『量』は必ず必要だと思いますから

チャートを見る分量(数年分とかってこと)と

同じチャートでも繰り返し見る量の両方の意味で。

 

例えば、1年分のトレード練習しようと思っても

デモなら1年まるまるかかっちゃうわけですから

それはちょっと非効率的すぎますよね・・・。

 

また、デモだとリアルタイムで値動きは続いているわけですから

後戻りできないし、どこかで、中断して、

その直近の動きをしっかり見てみようとか

そういうことがデモ中にはできづらいですよね。

 

立ち止まって熟考できない。流されやすいっていうか。

 

で、

チャート画像で、自分の手法・ルールを検証する

=手法通りにやったらどういう成績が出るか?

をやって、

それですぐデモは、私はやらない(やってない)ですよ。

やっちゃダメってことではないんですけど。

 

リアルトレード開始できるようにする準備には

まず最初に、

自分の手法・ルール通りに機械的にトレードできるようになること

が必要ですけど

バックテストの検証をやっただけでは、

手法・ルール通りに行動できるとは私は思えなかったので。

 

バックテストをやった後に、それをやった期間のチャート画像で

仮想トレードをしてみて、

バックテストの結果と違いがあるかどうか?

というのを試していって

 

その作業中に気づくことも多いので、

 

それで手法・ルールが固まっていく、より具体化することもあったし

日によって自分のチャートの見方が全然違ってたりして

なんでだろう?ってこともあったし

 

そういうのをしつこく繰り返しやっていって初めて

手法・ルール通りに機械的にトレードする・できる

とはどういうことか?

が分かったと思います。

 

仮想トレードでは、5分足でやってたとしたら

足1本の5分の間の動きっていうのは分かりませんから

それをデモで値動きを観察して

パターンを探っていく感じ。

 

その当時は、MT4で過去の動きを再生できることを知らなかったので

デモをやる時間って言うのは、私にとっては

リアルタイムでこの値動きは1回こっきりしか見れない

という状態だったので、

ものすごく真剣に『もったいない精神』で見てましたw

 

極々単純な例で言うと、

過去のチャート画像でパターンやローソク足の長さ、陰線・陽線の続きとかを見て練習していたわけですが、

 

仮に、上昇していった後に下降した、という動きの場合

陽線が何本か続く

でも段々と陽線の長さが短くなる

上ヒゲの長い短い陽線または陰線が出る(=目先の天井をつけた)

陰線が出る

陰線が続き、長めの陰線が出てくる

ことが割りとよくある、と過去チャートから読み取っていたとしますよね。

 

これは過去チャートで見たら、

分かりやすい上昇から下降への反転と感じますが

デモで、リアルタイムで値動きを見ていたら

本当に分かりやすい反転の動きだと思えるかどうかは別物なんですよね。

 

陽線が何本か続いてたところも

リアルタイムで、

ダラダラとゆっくり上昇していたときと

勢いがついてササッと上昇していたときだと

上ヒゲ出たところでも感じることが違いますし

 

上ヒゲのローソク足も、リアルタイムだと確定するまで待てずに

途中で飛び乗りロングとかしちゃって、

確定後に、上ヒゲかよ!みたいなことだってあるし

 

チャート画像で練習する仮想トレードとは、

全く心理的に異なる状況になるんだなっていうのが分かるんですよね。

 

私にとってはデモの動きは1回こっきりだから

ヘタなことしてたら(勝ち負けに一喜一憂して、値動きを見ずに単に衝動トレードやるとか)

時間が全然足りない!ってことになるので

それを避けるためにも、今日の課題は何!というのを

常に意識しながら、目的意識を見失わないように注意してました。

 

だから、仮想トレードでしつこくパターンを見る、

エントリーや決済ポイントと考えている辺りでの細かい値動きを想像してみる

デモで、その想像した値動きが実際はどうなのか?をしっかり観察する

値動きを観察して体感しつつ、ローソク足が確定したら

仮想トレードで練習してたパターンと似てるかどうか自分に確認する

(目の前の値動きに振り回されるのを排除する)

とか、そういうことを繰り返しながら

 

リアルタイムの値動きを前にしても

落ち着いて手法・ルール通りのトレードを出来るようにするようにしていきました。

 

それがしっかり身についたら、

次は、デモの値動きを観察することで得た経験や知識から

自分の裁量・判断っていうのを入れていく

という流れで私はやっていきました。

 

ダラダラ書いちゃいましたけど

とりあえず、仮想トレードとデモは私にとっては異なる練習方法で

どっちも必要だった、ということです^^

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

心構え

待つことができない

焦らないようにするにはどうすればいいか?

との質問です。

どうもありがとうございます。

 

えと、率直に言いますね。

 

待てない とか 焦る のは

根本的なトレードへの向き合い方の心構えが違うから。

 

目先の勝ち負け、平たく言うと、目の前のお金を追いかける

そういう心構えでトレードしているから。

 

それだと、待てない のも 焦る のも普通のことです。

 

なので、根本的な心構えを変えない限りは

どっかで暴発するのは普通・当たり前に起こると思います。

 

私も人間なんで、勝てば嬉しいし負けたら悔しいって

感情は味わいながらトレードしてますが

 

根本的には、

安定・継続して稼ぐトレードスキルを身につける

と決めてやっているので、

 

勝ったときも負けたときも、そういう感情よりも

・なぜ勝てたのか?なぜ負けたのか?

・チャート・値動きはしっかり見れていたか?

・シナリオの描き方が甘くなかったか?

・冷静に決めたことを行動に移していたか?

・ポジ保有中にどんな感情が湧き上がっていたか?

・その感情によって自分がブレたりしていなかったか?

・・・などなどのプロセスを分析することに

脳みそのキャパのほとんどが振り分けられてるんですよね。

 

もちろん最初からガラッと脳内処理が変わったわけではないですよ。

 

でも、毎日、

勝ち負けより、正しい行動を継続するんだ言い聞かせて

そう行動するようにしていくうちに

お金っていう結果もついてくるようになったので

 

余計に、

やっぱり正しい心構えで、正しい行動をしていれば良いんだ

と考える気持ちが強化されていき

 

脳みそのキャパが自動的に上記のようなプロセス分析処理でいっぱいになっていったわけです。

そして余計に結果も向上してきてくれた、というだけですね。

 

心構えっていうのは、

何かをすれば一瞬で変わるようなものではないと思うので

 

常に意識しながら、

その心構えから外れるようなことは戒めるのを

 

『継続させる』

 

継続すればするほど、確実に変わっていくんじゃないのかなと思います。

 

ま、習慣化するってことですかね。

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

損益後の含み益について

Take-P様からの質問です。

「昼豚さん、はじめまして。

いつも勉強になるコラムを掲載頂き、本当にありがとうございます。

FXを始めて、約1年程となります。
最近になってコツを掴み、徐々にですが勝率が上がって来ました。

そんな中、『損益後の含み益』について、少し悩んでおります。
ストップ後、改めてエントリーを行った際、受益となれば『前回の損益を補填する含み益』に到達する事があると思います。
現在の自分ルールでは、利確は目標とする抵抗帯(大体70pips前後)で固定しており、損益補填=T/Pの結果で補えるか否か?としております。
つまり、損益補填を意識せず、利確合計の結果論に委ねております。

…なのですが、やはり『ココで利確してしまえば、とりあえず損益補填にはなるなぁ~』と言う葛藤を拭い去る事が出来ません。

実際、“さっきのポイントで補填利確しておけば、この逆行に巻き込まれなかったな”と言う場面を経験しております。
↑の感想は、T/P or エントリー場面を見誤ったとも取れるのですが、そんな感じです。

一丁前ですが、やはり『利確』って難しいな~…と思います。
特に『損益後の利確』には葛藤させられてしまいます。

昼豚さんは、どんなお考えをお持ちですか?
是非ともご教示、お願い致します!!」

 

『損益後』の含み益とは、
『損失確定(損切り)後』のエントリーで含み益が出た場合ということでよろしいでしょうか?
損益とは損失と利益のことだと思いますので、
損切りしたのか利確したのかは不明確です。

私なら、損切りした後の次のエントリーで、
先のマイナス分を取り戻せる含み益が出たら、まず利確しますね。
それで気持ちをフラットにした後、即座に再エントリーを考えます。




※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■
キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

この記事を書いた人

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。