月収と枚数ルール


Oさんからの質問

どうもありがとうございます☆

 

私は月に100万以上なんて夢の世界ですが、何とか大人1人が

暮らしていけるギリの分だけでも稼ぎたい・・そして、段々と余剰資金を作りたい、

やがては月に50万くらい稼ぎたい・・そういう願望、目標があります。

 

FXで月に50万稼ぐのと、100万稼ぐのって、

トレードに慣れてきたら、さほど感覚的には違いがないと思いますよ。

100万と1000万だとさすがに違うと思いますが^^

 

夢のまた夢だ、と思っていると、それは

「自分には無理だ。」って言い聞かせてることになるんじゃないのかな~と思うので

月に100万稼げるようになれるだろうか・・・なんてことは極力考えない。

それは無視!無視! にしておいて

 

月に100万稼ぐには具体的に何をすればよいだろうか?

だけを考える ほうがいいと思います。

 

考えるのや口に出すこと、紙に書くことは無料ですし^^

何をすればよいか?と考えるときは前向き思考になってる感じがありますが

稼げるだろうか・・・?とか考えるときは、ほとんどの場合、後ろ向き思考で自己卑下しがちじゃないかな。

と自分の過去を振り返ってみると、そう思います。

 

 

そこで質問なんですが、パリスさんが5万でスタートした時、通貨はいくらだったのでしょうか?

1万通貨ですか?それとも1000円単位からですか?

5万に対して1万だとちょっとキツイと思ってるんですが、パリスさん

はどうだったのかお聞きしたいと思いました。

 

私は、5万円に対して1万通貨の枚数ルールでやってます。

※これはレバ規制前の話です。

2010年8月以降のレバ規制からは変更します。

元手に対して証拠金が20~30%で考えたルールです。

 

1000通貨ではトレードしたことないですね。

そもそも口座を持ってないです^^

 

1000通貨単位のトレードを否定しているわけではないですが

デモだと本気になれないから

少なくてもいいから身銭を切るほうが勉強になる

だから1000通貨でトレードしてみる

というのだと、私は個人的にはどうかな?って思います。

 

それは自分に対する甘えを捨て切れていないだけなので

安定・継続して勝てるトレードスキルを身につけることには

ならないだろうと思います。

 

月に5万円程度のお小遣い稼ぎに徹していて

計画的に1000通貨トレードをすると決めているのならOKです。

 

5万円に対して1万通貨がキツイと思うのであれば、

もっと枚数を減らしてトレードすればいいと思いますよ。

 

私は、枚数をいろいろと変えてトレードしてみて

そのときの資金の増減に対して感じる感覚を元にして

ちょうど自分に取ってバランスが取れているのが

5万円に対して1万通貨だったので、そのルールにしただけです。

 

このルールは、人によっては

リスク取りすぎと思う人もいるだろうし、

もっとハイレバでいけば?と思う人もいるだろうとは思います。

自分が継続してメンタルを保てる、冷静さを失わずにいられるだろう枚数っていうのが

あると思うので、その枚数でトレードするのが一番勝ちやすいですよ。

 

で、大抵の場合は、枚数が多すぎ=ハイレバすぎることにしか注意しないと思うんですが

逆に、枚数が少なすぎるのもメンタルに悪影響なので、そこは注意してくださいね。

枚数を少なくすれば、それだけ損失を抑えることにはなりますが

利益も抑制されますので、勝てたとしても

 

こんなに頑張ったのに、金額これだけ・・・?

 

って気持ちになります。

そう感じると、変に焦りを生みますから、

無謀・衝動的トレードを引き起こす確率が高まります。

 

なので、

一攫千金狙いの無謀レベル と 損失にビビリすぎてる怯えたレベル の

どちらでもない

中間のバランスが取れた

冷静さを保てる かつ 勇気を持って実行できるレベル

というのを自分で探してみてくださいね。

 

ではでは
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

こちらの記事もどうぞ