粘るとき・諦めるとき


 

ハロンさんから頂いたメールです。

 

私がやっている5万円FXでは、

1日の目標が20〜30pipsで1回のポジでのストップ(損切り)は▲20pips
にしています。・・・と何回か書いてるんですけど、

1回のエントリーで20〜30pips狙っているかというとそうではなくて、

ユーロドルだと15pips×2回
ドル円だと 10pips×3回

を1日の目安にしています。

エントリーしてからの値動きの勢いを見て15pipsで決済することもあれば、
それ以上伸びるのをまったりもします。

で、ストップ▲20pipsはあくまでも最大許容の損切りラインで
そこまで待たずに損切りしちゃうことが結構あります。

1、エントリー後、数pipsしか伸びずにマイナスになった時は、
▲20pipsで刈られちゃうことが多い=粘ってみる場合ですね。

2.エントリー後、思惑通りに10〜15pips伸びてきたけど、
反転して建値に戻ってきた場合は、
+数pips〜▲数pipsで決済するおkとが多い=粘らない

大まかにいうと、
トレンドの押し目・戻りでエントリーするようにしているので

1.の場合は、
押し・戻りがもう少し来ただけかも=エントリーちょい早かっただけか?
と思うので粘ってみるんですね。

この時に、ストップで刈られたら諦めます。
▲20pipsまでいかずに▲10pipsくらいから思惑通りの方向に動くこともよくあるので。

2.の場合は、
エントリーのタイミングは良かったはずだけれど、
思ったほど伸びなかった
ということは、トレンド反転あるいは保ち合いに値動きが変化したのかも?
と思うので、さっさと逃げとこーって感じです。

粘る・粘らないって見極めるの難しいんですけどね・・・
なるべく冷静さを失わないように、負けは潔く受け止めよう
と思いながらトレードするようにしています。

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓  

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

こちらの記事もどうぞ