負け逃げルール


私は、

 1日に何連敗したらトレード止める

 1日に何PIPS負けたらトレード止める

という負け逃げルールを決めています。

 

よく資金管理について、

1回のトレードではリスクにさらしていいのは

資金(元手)のXX%までである

というようなこと聞きますよね。

 

私はこれを初めて聞いた(読んだ)ときに、

 

1回のトレードでXX%は分かったけど

もし連敗した場合はどうすればいいわけ?

 

1回XX%のリスクは上限何回まで取ってOKなの?

 

それともXX%負けた段階でトレード卒業??(退場か^^)

XX%の負け分を入金してから再スタートしないといけないの??

 

っていう疑問が頭をグルグルし始めたんですよね。

 

その疑問が負け逃げルールを考えるきっかけになりました。

 

以前に損切りについて書いたのと似た感じで

負け逃げルールも、

 

自分が痛いと思うちょっと手前

このくらいの負けなら、普通にやれば取り戻せると思えるレベル

メンタルが崩れそうになるギリギリ

 

のあたりで決めました。

 

メンタルが崩れていては、トレードで勝ち続けることは難しい

言い換えると

メンタルが崩れることを回避できなければ、トレードでは勝ち続けられない

と私は考えたからです。

 

それまでの自分のトレードを振り返ったり、いろいろ試してみたりすれば

自分のメンタルが崩れるのは、どういう状況のときなのか?は分かりますよね

 

大きく負けてしまうのって、1回で大きくドカンをやられるよりも

往復ビンタとか負けが続いてイラッときてキレちゃったとき

キレて見境なしのトレードやっちゃって、結果的にひどくやられるほうが多くないですか?

 

私はそうでした。

 

なので、キレちゃうとき=メンタル崩壊するのを如何に避けるか?

それが勝つために絶対的に重要なことなので、

ちゃんと『負け逃げルール』として明確化しておかねば!と考えたわけです。

 

ルールが守れない人っていうのは、

そのルールがどうして必要なのか?を

もしかすると心底から理解できてない・納得してないからじゃないのかなぁと思います。

 

ではでは
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

こちらの記事もどうぞ