なぜ経済指標発表時にトレードしないのか


質問⇣
「昼豚さんは勝率は平均85%とか90%に近く損切もしっかりできるのに(私はいつも損切の位置をずらしてしまいます(笑)経済指標の時間帯はやらないというのをちゃんと守れるんですか?欲はでないものですか?」

指標発表の動きって苦手なので、極力NY時間はトレードしないようにしてます。

そういえば、真剣にFXに取り組むようになって一番つらかった、守りづらかったのって、

時間が来たらトレードを辞めてPCから離れること
負け逃げルールに該当した場合、次の日休むこと

でした。

チャートがみたくて、というかトレードしたくてたまらなかったんですよねー。

チャートをみない、トレードをしない時間を作るのを
「機会損失だ!」とか考えたがっていただけで
結果をみたら一目瞭然で、機会損失どころかリスク増大・負け増大みたいな。

アホか!と。

で、負けて頭に血が登ったり、何やってもどうせ反対に動く・・・って意気消沈してるときには
気合を入れてPCの電源を落として離れるようにしたんですが、一時間くらいTVみてるうちに、そういう気持ちがリフレッシュされてることに気づいて

まあ、負けをすぐ忘れるのもどうかと思うんですけど^^

リフレッシュしたあとって、やっぱり冷静に素直にトレード出来るようになってるんですよね。負けの理由もちゃんと受け入れることができる態勢になってるし。

トレードの勝ち負けに対して変な執着をするのは止めよう
と決めても、ついつい勝てると有頂天、負けると怒りか自己嫌悪になってたので、私にとっては、そういう気持ちが出てこないようにするには

さっさとトレードを終了する
長時間トレードしない

って行動を変化させることが一番やりやすかったし、効果もあったんですよね。

で、指標発表時の大きく動くときって、私にとっては頭に血が上りやすくなるんです。
ギャンブラー気質が刺激されるっていうか^^
そうすると、負け続けていたときにやってたトレードに逆戻りするなあと自分でよくわかっているので、手を出さないことにしてます。

後からチャートをみると、うわあ大きい動き逃した−とか思うこともありますけど。

ま、私はへたっぴなんで、この動きで爆死する確率のほうが高かったな。と考えて、気にしないことにしています。

欲はあるんですけど、欲望を持つ方向性が昔とは変わったって感じです。

欲はあるんですけど、欲望を持つ方向性が昔とは変わったって感じです。

自分が勝ちやすい時間帯・やり方でやれば稼げるっていうのがしっかりわかると、
負ける可能性が高いところには手を出さないのは当然のことって考えられるようになるので

FXで稼ぎた意欲があるからこそ、指標発表の時間は無視できるようになったって感じです。

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

こちらの記事もどうぞ