レンジとトレンドの見分け方


 

どさんこさんから頂いた質問です。

三ヶ月ほど前からトレードを始めました。
スキャルをやっているのですが(一回あたりの想定損切15pips:利確10pips),
当初勝率7割くらいで順調だったのですが、ここ一ヶ月の勝率が5割を割ってしまい勝てなくなりました。

エントリー方法はチャートに線を引いてそのラインの上下の線に従ってエントリーしています。
損切に関しては始めた当初から機械的に行うこととしていたため、
損切を厳しくしたために勝率が下がったわけではないと言えると思います。

そこで、エントリーに問題があると考えて理由を自分なりに考えたのですが、
レンジのときに順張り(エントリーのタイミングが遅く利確できず)、トレンドのときに逆張り
(以前昼豚さんも言われていましたが一気にドカンです)ということが結構多かったんです。
レンジとトレンドってどのように見分けたらいいんでしょうか?

3ヶ月ほど前からということは、5月くらいからスタートされたんですよね?

絶対にそうだ!とは言い切れないんですけど、
7月から8月にかけては、特に外資系金融の方(為替ディーラーさん達)
って長い夏休みを取るらしいので、少しいつもより相場が閑散としていて、いつもとは値動きが若干違ってくるのでは?と思います。

ですから、ここ1ヶ月勝率が下がったのは季節要因といえるのかも・・・・という気はします。

※ブログ記事内容は8月に書いたものです。

で、レンジとトレンドの見分け方ですが、
基本的には、私は

・移動平均線の傾きが水平に近い
・平均足の同じ色があまり続いていない
・ローソク足の陰線・陽線が交互に出る

ようなときは、レンジ(もみ合い)と判断します。

特に、複数の移動平均線がすべて水平に近くてこう、
縄みたいに絡み合ってる感じのときは迷わずにレンジ!スキャルします。

それに対して、トレンドは、当たり前ですが
移動平均にある程度の傾きがあるときで、

特に複数の移動平均線の間がだんだんと開いていってるときは、
トレンドの勢いが強くなっているときです。

と言っても、どのくらいの値幅 一方向に動くことを
トレンドと呼ぶのかによって、考え方って変わってくると思うんですね。

私は、どの時間軸のチャートでも見て考えることは似てるんですけど、
実際のエントリーでは5分足を見ているので、
50pipsくらい一方向に動けばトレンドだ!って思っちゃいます。

私は利小狙いでのデイトレをやっているので、
そのくらいの動きでもトレンドと呼び、その中間のところで15〜20pips取れればOKなので。

そうすると、

複数の移動平均線が開いた=トレンドの勢い強まったところまで
エントリーを待っていると、
その辺で一旦トレンド終了!ってことが多いので、

エントリーのタイミングとしては、そこまで待たずに
早めに、自分にとってのトレンドと呼べる動きになりそうかどうかを
値動きの勢いとかを観察して、判断できるように練習しました。

レンジも、どのくらいの値幅をレンジと呼ぶかで
エントリーのタイミングを図るのが違ってくると思うんですが

私は 数pips抜きでOK と考えているので
小幅(10〜20pips程度)の値幅でジグザグしている動きのほうが
スキャルしやすいです。

そのほうが、上げて下げての時間も短くなるので
さっさと見切りをつけやすいので。

それと、どさんこさんがエントリーで問題だと考えたのって
こんな感じ⇣で合ってますか?

090818range_junbari 090818trend_gyakubari

 

もし合ってるとすると、

前者はエントリーのタイミングを勇気を出して早めにする。
あるいは
損切を少し待ってみる
これは損切幅が広くなるので、ちょっと微妙ですけど・・・

後者は
エントリーをちゃんと待つようにしないと危険

・・・って、至極当然なことしかかけなくて申し訳ないです><

私はもともと、レンジでスキャルが得意だったのですが
値動きをみていて、レンジってわかりやすいんですけど

それがいつ終了して、トレンドに変わるのかの見極めが下手で
塩漬け・ドカンで負けることが多かったんですよね。

で、それを改善するために、

レンジの終わり=トレンド発生の兆し

を判断できるように値動きを観察してたら、
段々と”何か臭う・・・”って感じるようになってきました^^

もちろん、いつもそれが必ず当たるってわけじゃないんですけどね。

私の場合は、最初は トレンドとレンジを見分ける というよりは、

レンジは分かる
⇒レンジが終了しそうかどうか判断する
⇒レンジが終わるんだからトレンドになるだろう

って流れで値動きを見るようになって

その見え方、感じ方を後押しするためのインジケータを探してたら
移動平均線に落ち着いて

そこから更に過去チャートを見まくって練習してたら
なんとなくレンジとトレンドの見分け方ができるようになったかな?

って感じです。

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

こちらの記事もどうぞ