すっぴんジャージはデスノート!?


 

先日、

”今年小説を出したんです。”

って自己紹介ついでに話したところ、こう聞かれました。

”えーすごい!!!いくら払ったら出版してもらえるの???”

って。

120%の確率で自費出版だと思われるみたい(笑
毎回なので慣れっこなんですけどね。

んで、そこからイチイチ説明するわけですよ。

書きたいと思って自発的に書いたわけじゃなくて、

出版社の人からわざわざメールもらって実際に会って、

ぜひ書いて欲しい!って言われたから書いただけなんだけど。

って。

もっとも、書こうかどうか迷って友人たちに相談した段階から、

それあとから請求されるやつじゃない?とかあーだこーだ言われ続けたから、

もう慣れっこなんですけどね。

あ。出版関係の方、すいません⇣⇣⇣

でも、私のようなケースって本当にあり得ないらしく、

だから、書いている間も、何度も編集を担当してくださった方に、

なんで私なんですか?

小説なんて書いたこともないのに・・・

と何度も聞きました。

彼は、ウィキペディアに出てくるような業界では有名な編集者の方で、

”さらさんなら書けると直感したから。

トレーダーっていう新しい女性の生き方を提案できるような本が作りたい”

って言ってくださいました。

こんなスゴイ人が言うなら書けるかも〜なんて調子に乗るじゃないですか(笑。
その言葉を心の支えに書いたんですよね。

もっとも、オファーを頂いた時点でトレーダー生活8年目。

FXという言葉もトレーダーっていう言葉ももはや目新しくもなんともないと思っていた私は、

どこが新しい生き方なんだろ???

としか思っておらず、

世の中になにを訴えることができるのか、すごく懐疑的ではありましたが。

まあとにかく、フタをあけてみればとっても素敵な本に仕上げてくださった、

編集者のスキルに脱帽。ただそれだけ。

 

ところで、この小説、デスノートじゃないか???

と、ある友人に言われたんです。

実は、ストーリーのとある部分を、諸事情がありまして、出版直前に書き換えたんです。

すると、その書き換えた出来事がそのまま現実になってしまったんですよね(笑

 彼女には原稿の段階から読んでもらっていたのですが、
その変える前の内容も覚えていたらしく、
変えたまんまの出来事が私の身に起こったということに驚愕していました。

言われるまで気づかなかったのですが、確かに偶然にしては出来過ぎているなと思い当たることが、
つい最近あったんですよね。さてそれは何でしょう?

 

 

(続く)

 

好評発売中→ わたし、すっぴんジャージで億を稼いでます。

 

 

【お知らせ】
DMM.FXとのタイアップキャンペーンが始まりました。
他では配っていない非売オリジナルレポートをプレゼント!
テクニカルを極めたい初心者の方必読ですよ★
今ならスマホキャンペーンと合わせて最大20000円のキャッシュバックももらえます!
DMM FX
■DMM.FX■

【レポートの詳細】
第1章 トレード理論の構築
●テクニカル指標の重要性を理解する
●相場状況の把握の仕方を覚える
●トレードスタイルを決定する
第2章 チャート情報の認識
●チャートの見方をマスターする
 -ローソク足の見方
 -レジスタンスラインとサポートライン
 -トレンドラインの引き方
 -チャネルラインの引き方
●レンジ相場とトレンド相場
第3章 テクニカル指標の理解
●移動平均線
●ボリンジャーバンド

こちらのレポートをプレゼントします★

 

 

 

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 

 


The following two tabs change content below.
Sarah(サラ)

Sarah(サラ)

★2005年アパレル貿易会社退社。人生を模索中にFXに出会う。 以来、FXトレーダーとして、米紙ウォールストリートジャーナルや、テレビ東京『ガイアの夜明け』等メディアからの取材も数多く受ける。 トレードをする傍ら、FXや暗号通貨(リップル)、九星気学のセミナー講師、コラムニストとしても活動中。 自著に 「FX 7つの成功★レッスン」宝島社刊がある。
Sarah(サラ)

最新記事 by Sarah(サラ) (全て見る)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>