私の負けパターン3


しつこくしつこく続く負けパターンシリーズ第3段です。
今回でおしまい。第1弾、第2弾はこちら

 

私の負けパターンはコツコツドカンで、ドカンとやっちまうのは 感情が高ぶる時

なので冷静にトレードできるようにメンタル強化(というか精神修養)に取り組んでみたけど、
性格は変えられなかった!
試行錯誤の結果、性格を変えなくてもトレードで勝てるようになれそう!
って兆しが見えて一皮むけた!

そこで、今まで見えてなかった資金管理・テクニカルの問題に気づく!

というのがこれまでの話。

ちょっと話が前後しちゃうんですけど、
精神修養に取り組むと同時に

損切りできるようにならねば!ってことも格闘してました。

損切りできずに塩漬けにしてしまうのって、
まず第一段階として「損する痛みを受け入れられない」ってありますよね。

もっと深い理由は人それぞれとは思うんですけど
私の場合は

変にプライドが高くて、
損する=自分が間違ってる のを認めたくない

っていうのが、一番大きかったと・・・・思います。

でも、これは仮想隊長wとのやり取りから

自分が間違っているのを認めたくないプライド

負け続けることで同情されたいわけ? ⇒ んなことあるか!
っていうプライド

とを比較することになって、後者のほうが勝ってたので
損することを受け入れられる状態になったんですよね。

で、第一段階はクリア。

そうすると今度は、
「適切な損切りポイントってどこよ?」って問題にぶち当たりました。

 ここはかなり悩んで試行錯誤してたんですけど、
損切りビンボーになるだけで

ちゃんと損切りの痛みは受け入れた、
損切りは実行している=正しいことをしているはず

なのに・・・なぜに!?って悶々としていました。

今振り返るとわかるんですけど、
使える手法はどこにある?で書いた

100%勝てる手法が、そのまま転がっているわけじゃない

のと同じで

100%ここで損切りしたらOKってポイントなんてのも、
あるわけないんですよね。

損切りビンボーになってたのは、
・そもそもエントリーが甘い
・必要以上にビビって早く切りすぎ
のどちらかが原因で、

良い負けと悪い負けの区別もできていなかったんですけど。

で、性格変えなくても勝てるんじゃない?って兆しが見えてから、

損切りについて、どこが適切なポイントか?なんて
頭を悩ませてもしょうがない!!

と開き直りました。

そこで、これまでの経験から
ドル円なら大体▲20pips〜30pips含み損になったら
いつもイエローカードだな、と感じたので

最大▲20pipsで切るのが妥当!と結論づけて損切りルールを決定しました。
これはユーロドルをトレードするようになってからも、
値動きから同じ▲20pipsが妥当と思えたのでそのまま採用。

そして、よくよくドカンをやっちゃうときを見返してみると、
ポジとりすぎ・・・でした。

ナンピンしすぎ
積み増し過ぎ
両建て外すの失敗

とか、ポジ増やした理由はいろいろなんですけど
とにかくレバレッジかけすぎてて、

ポジ少ないときなら、落ち着いて損切りできるところでも
枚数多いために、含み損の金額が大きいので

判断力停止!頭真っ白になってる・・・

という、おばかトレードをしてました。

損切りできない理由、第2段階はこれかな、と思います。
損切りできない、というより、損切りすることをわすれちゃってる状況に
追い込まえれてる・・・・という悲劇なの?喜劇なの?みたいな。

損切りの痛みがどうとか考える余裕がなくなるほど
あっという間に増えた含み損にびっくりして
損切りすることすら考え付かない思考停止する状況。

思考停止してるんで、気づいた時にはドカン!なんですよね。
まともな判断力があれば、小さいドカンで済んだはずなんですけど。

自分の手にあまるほどのポジションを取ったらいけないよ!
レバレッジかけすぎちゃいけないよ!

というのは、色んなところで聞いてたんですけど
馬の耳に念仏、ってこのことですね。

そこまで頭まわってなかったみたい・・・・

そこで、ナンピン・積み増し禁止!
1回ポジ取ったら、それを決済するまで新規エントリーしない!
というルールを決めました。

それと、資金管理を考えてみた結果
これまでのトレードは、攻撃的だったんじゃないか?
と考えなおして保守的にやっていこうと決めて

5万円で1万通貨というルールも決めました。

それまでは、色んなブログとかで資金パンパンにポジ取ってトレードしている人も結構いるんだ、
私はそれほど攻撃的にトレードしてるわけじゃないよね
なんて思ってたんですよね。

冷静に見返したら、攻撃的でしたね。。。

資金を減らさないことより、いかにはやく儲けるかという考えが、
頭の98%を占めてた感じです。

最初に戻るんですけど、

どうしてもコツコツ勝てると有頂天になりがち
勝ててた後に負けそうになると、熱くなってついナンピンしてしまいがち・・・

といった性格は、やっぱり今でもむくむく顔を出してくるんですよね。

なので、そういう感情が顔をだす時までトレードしちゃいかん!
負けにつながる感情が出てくる前に、早めにチャートから離れよう!

と思って、1回トレード始めたら最長3時間で止めるルール

を作りました。
体力的にも、そのほうが毎日集中してトレードできるし。

こんな感じで、だんだんとトレードルールを設定していって
軌道修正を加えながら現在に至ってます。

ここまで書いたのは、あくまで私のケースであって
こういうルール設定しとかないとダメだよ!ってことではないので、
間違えないでくださいね。

自分の行動パターンを知るとは?
そこからトレードルールをどう設定するか?

の何かの参考になれば・・・と思います。

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>