なぜか勝てない のはなぜか?パート2


なぜか勝てない のはなぜか?の続きです。

今のステージを2つに分けました。

1.手法があまり明確ではなくて、しいて言うなら値頃感でトレードしている。
2.手法と呼べるものはある。
  ルールはある程度決まっているが、柔軟な対応ができていない感じ。

 

もし2.の場合なら(前回記事を御覧ください)、手法のエントリーポイントまで待ててないのは確かに問題だけど

それは本当にメンタルの問題なの?
ただ待つべき判断基準を見落としてるだけじゃないの?

と思います。あるいは

その手法で勝てる自信がついてないだけでは?

これは、過去検証が足りてないのが原因だと思いますね。

エントリーが待てないわけですから、
先にその手法の「エントリー」について重点的にチェックしたほうがいいと思います。

その手法の「エントリー」ポイントを過去チャート上で検証してみて、どういうときにエントリーサインが出るのか、をまず把握する。

レンジのときか、トレンドのときか

レンジなら、ちゃんとレンジの高値でショート、レンジの安値でロングが出ているか?

トレンドなら、トレンド転換点の早い段階でのエントリーなのか?
それともトレンドの中間狙いの、じっくり待ってエントリーなのか?

どういうときにエントリーサインが出るのかが把握できれば、
その手法が、強い相場状況(勝てるとき)と弱い相場状況(負けるとき)
というのが、ある程度、わかりますよね。

そしたら、そういう相場状況の見極めに有効な判断基準って何?って考えてみる。

もしかすると、大きな流れをチェックできていなかっただけかもしれないし、
今、レンジなのかトレンドなのか、について注意を払ってなかっただけかもしれない。

もしそうなら、長い時間軸のチャートをみるとか、
平均足の色の続き方を見るとか

色々と考えつくと思うんですよね。

で、エントリーサインの有効なものと見逃すべきものを区別する練習をする。

それがある程度クリアできるようになってきたら、次に決済ポイントについて考えてみる。

という感じで、問題を分けて1つずつクリアしていくと、
勝てない理由が段々と明確になっていくのかな、と思います。

影ない理由が段々とわかってくると、自分にとって作るべきルールって見えてくると思うんですよね。

なんていうか、

なぜか勝てない ⇒ ルールが悪い? ⇒ 勝てるルールをまず探そう

って思うかもしれないんですけど、

私は、自分にとっての課題とか問題を考えていくと勝てるルールが見えてくる、って感じていて。

卵が先か鶏が先か、みたいな話ですけど・・・。

「なぜか勝てない」のには、必ず理由があって、
多分その理由というのは、ルールの問題というよりは
自分にとっての課題、問題を設定できていないから、かなと思います。

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>