エントリーのタイミング2


 

前回の記事では、

・勝てる見込みのあるポイント

ですぐにエントリーするんじゃなくて、勝てる見込みがあって、
かつ

・損を小さくできるかどうか

を考えてエントリーのタイミングを計るようになったと書きました。

このタイミングの計り方って、かなり小さい枠での話なので
もう少し視野を広げてみたいと思います。

レンジの上げ下げを取っていくんじゃなくて、
トレンドを狙ったトレードをする場合で考えてみると、

エントリーポイントって3種類あると思うんですね。

1.トレンドがそろそろ始まるだろうって予測したところ

2. トレンドが始まっただろうと思えるところ

3.トレンドが始まって押し目・戻りを形成したところ

イメージ的にはこんな感じ⇣

entrypoint3

 

下降トレンドから、ちょっともみ合って、上昇トレンドに転換したという動きだったとして、ロングを狙う場合

1.もみ合いのところで、トレンド転換=上昇になるだろうと予測してロングエントリー
お試しエントリーあり、って感じで。

2.もみ合いから上抜けしたところで、上昇トレンドが始まったと判断してロングエントリー

3.上昇トレンドに入ってからの押し目でロングエントリー

私は、ほとんどの場合、押し目・戻りを狙ったエントリーをしてます。

3のタイプですね。2もたまにありますけど。
かなり防衛的・保守的なトレードだと思います。

3のエントリーポイントを勧めてるわけじゃなくて、
1・2・3どのポイントでもOKだと思うんですよね。

ただ自分に合ってるやり方かどうか、ってだけで。

私の場合、

「小額資金でスタート」という条件と
「大きく取らなくてもいい、利小でOK」って目標設定

なので、3のポイントまで待つほうが長期的に勝てるから
このやり方にしました。

レンジとトレンドの見分け方の話にもつながるかと思うんですが、

FXで勝つために、値動きの判断=トレンドを見極める判断力をつける
っていうのも重要なんですが、

それに加えて

・自分がエントリーするポイントをどこにするか?
っていうのも考える必要があると思うんですね。

上の1・2・3のどれを狙ったトレードをしていくか、ってことですね。

過去チャートやデモで練習してみて、

やりやすいと感じるポイント
ストレスをあまり感じないポイント

だとメンタル的に合ってるので、一番続けられるやり方だろうな、と思います。

あとは、
元手の額とか損切続いた場合など資金管理の面で持続可能かどうかを考えていくと

ポジションサイズとか損切ポイントが決まってくるかな、と思います。

 

 

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

Comment

  1. hiro より:

    はじめまして
     
      そちらは暖かくて羨ましい(^-^)

      こちらも(東京)20℃越えたかな?

      私は今 FXの勉強中なので、ブログ等を

      参考にさせてください!
      

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

こちらの記事もどうぞ