マザコンより恐ろしいのは○○○である!


アメリカ人の好きなもの、愛国心、
伝統的な価値観を象徴するこんなフレーズがあります。

Mom, the Flag, and Apple Pie (ママ、星条旗、アップルパイ)

欧米男性はマザコンがスタンダードっていうイメージがあります。

日本では、マザコン=親離れできない、自立できないおこちゃま男子。
というレッテルを貼られますが、欧米では、母親を大事にすること、
愛することは当たり前で、女性にも優しい男性として好感が持たれます。

ちなみに、mother complexという英語は、“母親に対する幼児の強い感情、執着心”という意味で、日本言うマザコンとはニュアンスが違います。
会話の中では、“mommy’s boy”または”mama’s boy(お母さん子)”
という言い方をします。

 私の旦那さんも日本に居た頃は、デートの合間にママとしょっちゅう電話したり、事あるごとに、“これママが大好きなんだ”とか、いちいち会話にママの話題が出てきていました。
最初の頃は、またママの話?と非常に違和感があり、
イラッとすることもありました。
特に、我々日本人にとって、“my mom“という響きが、どうしてもマザコンを髣髴とさせるんですよね。
でも、“マザコンも異文化の1つ!“と思えば受け入れられるようになりました。

 

ところが、いざママと暮らし始めて、マザコン以上に厄介ことが判明しました。

それはママの“親バカ”さ。

 

一から十まで、子供(立派な成人男性ですが)になんでもしてあげるのが愛情表現のようなのです。

脱ぎっぱなしのパンツを片付けるのはもちろん、帰ってきたらマッサージ。
頼んでもいないのに下着を買ってきたり、冷蔵庫の食材も旦那さんの好物ばかり。
ネイルサロンを予約して一緒に連れていくこともあります。

一番衝撃的だったのが、旦那さんのバースデー。
彼が仕事に行ったあとのこと。ママが職場に電話をかけてこう言いました。

”今日は息子の誕生日だからケーキを持って行ってもいいかしら?“

そして、彼の会社のオフィシャルフェイスブックに、”世界一の愛する息子。”
と小さい頃の写真をアップしていました。
これにはさすがの私もドン引き。

“ママ、これってみんなやることなの?普通のこと?”と尋ねたところ、

ママは、苦笑いをしながら、まあいいじゃない!ウシシ。
と子供のような悪戯な笑みを浮かべていましたが。

良く言えば、愛情あふれる世話好きママ。
悪くいえば、子離れできない過保護な親バカ。いえ、バカ親ですよねホント。

 

旦那さんが帰宅後、この一連の出来事について、“多分、世間一般のママに比べてやり過ぎだよね?”

と聞いてみましたが、

”ママは大げさ(too dramatic)だからね。たまにウンザリするよ。職場に電話?恥ずかしすぎる。”

とのこと。彼の感覚が普通でほっとしました。

こういう出来事を、本格的な愚痴ではなく、“文化の違いだから”と、
笑って済ませられるのは、国際結婚のメリットです。

そうでなければ、とっくに嫁姑問題が勃発するレベルですから(笑

 

 

タイアップキャンペーン実施中!!!
ブログで成績を随時公開中の五十日トレード手法動画を無料配布しています。
すぐ始められる実践的な内容になっています!
FXトレーディングシステムズ
■FXトレーディングシステムズ■

 

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ


The following two tabs change content below.
Sarah(サラ)

Sarah(サラ)

★2005年アパレル貿易会社退社。人生を模索中にFXに出会う。 以来、FXトレーダーとして、米紙ウォールストリートジャーナルや、テレビ東京『ガイアの夜明け』等メディアからの取材も数多く受ける。 トレードをする傍ら、FXや暗号通貨(リップル)、九星気学のセミナー講師、コラムニストとしても活動中。 自著に 「FX 7つの成功★レッスン」宝島社刊がある。
Sarah(サラ)

最新記事 by Sarah(サラ) (全て見る)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>