レンジとトレンド


レンジとトレンドはどちらが得意ですか?

という話の続きです。
私はレンジのほうがもともとは得意で、今やっている利小狙いトレードはトレンドの一部を細かくいただくやり方です。

レンジもトレンドのもどちらもある程度はいけると自分では思っていたんですが、大きなトレンドをガッツリいただく=大きな波に乗るのは苦手です。

私は短時間で決着がつくほうが好み、自分にあっているので5分足をメインにしています。

トレードする前に日足・1時間足をチェックしていますが
日足・1時間足でのレンジ・トレンドっていうのは、少ししか気にしていないです。
目安になるレートのチェックは重視していますが。

例えば日足・1時間足でレンジだったとしても、
5分足でみると私にとってはトレンドと判断する値幅の動きになることがあるからです。

で、5分足メインでトレードしている私が苦手な
「大きな波、トレンドに乗る」っていう動きは
こんな感じ⇣の青丸から青丸までをロングで取ることです。
091129_eurjpy_nigates

同じ時間帯で私がトレードするとしたら、
得意だと(自分で思っている)レンジというのは、
こちらの⇣四角のところで
091129_eurjpy_tokuis
左の水色のところの動きをみて、しばらくレンジと判断して
残りの1時間半くらいの間で数pipsヌキを何度も繰り返します。

損小利小スタイルの押し目・戻りを狙ってるやり方というのは、青丸から青丸までのあたりを取ることです。

1回ずつじゃなくて、それぞれ2回くらいに分けてトレードすると思いますけど。利小でいいから確実に、ってタイプなんで。

もともとは四角のようなトレードをやっていて、そこからトレンドの一部を取るやり方=損小利小スタイルを始めて、今はそっちが稼ぎのメインになっています。

性格的に

短時間(数分〜数十分)保有>長時間保有
薄利>利大

のほうがあっているので、こういう損小利小スタイルの
スキャル・デイトレに落ち着きました。

で、レンジとトレンドって言っても
どの時間軸のチャートを見てるかで定義が違ってきますよね。

上の例で私がトレンド、レンジって呼んでいるところって、
もっと長居時間軸をメインにトレードしてる人からすると、
どっちもちょっとしたブレ?くらいな感触しかないんじゃないかなと。

例えば、こちら⇣は日足チャートですけど、
091129_eurusd_days

点線のところは、大まかにはレンジになっていますよね。
この右側のレンジのところを1時間足でみてみると、
091129_eurusd_1hs
大まかには上げ下げのトレンドを繰り返していますよね。

どちらも私の場合は5分足でみるので、日足のレンジの中で
5分足ではトレンドは発生してます。
1時間足でも然り。

こんな感じでレンジ・トレンドってみる時間軸によって違ってくるので、もし、レンジ相場が苦手なタイプで、この例の日足チャートをみてると仮定すると

1時間足ではトレンドが出てるから、
1時間足チャートでトレードをやってみれば勝てるのでは?

って気がしてきますよね。

でも、日足メインでトレードするのが自分には合ってて
1時間足チャートを見るのは苦痛 とか
仕事があるから、そんなにチャートチェックできない とか

人によって性格・環境・条件などがあるから、
一概に1時間足チャートでやればいいじゃない?とはいえないので

やっぱり自分のメインにできる時間軸の中で勝てるような自分に合ってるやり方を模索するしかなくなります。

(続く)

 

 

※エクセルの計画表の作り方例もついてます⇣

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた
パリス昼豚の5万円FXの詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

[sarahより]
五十日トレードのルールをまとめた動画を作りました。
FXTSの口座開設プレゼントとしてお配りします。
即実践できますよ!!!⇣⇣⇣

FXトレーディングシステムズ
■FXブロードネット■

 

キャンペーンの詳細はこちら⇒ 勝率85%以上!すぐ真似してトレードできるsarahの五十日トレードを動画にしました。無料プレゼントします!

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

こちらの記事もどうぞ