値動きの見極め方6 インジケーターとは


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた「5万円FX」の詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

インジケーターはピンとこなかった。

やっぱりトレンドラインが好きだ!

という話の続きです。

 

「トレンドラインが好きだ!」 ・・・って。書いてて自分で頭大丈夫かな?と思っちゃいましたw

 

前回も書きましたが、インジがピンとこなかったというのは、使えないよってことではなくて、

私にとってはトレンドラインを使いこなすほうがトレードがやりやすい・勝ちやすそうだと感じた

というだけの話ですから、そこは誤解しないでくださいね。

 

で、ピンとこない理由を考えていくうちに

 

インジって何なのか?何を表現しているのか?

インジ開発者にとっては目的は何だったのか?

私がインジ開発するなら、何を目的にするのか?

 

などを考えたり想像していくうちに、

 

あぁ!やっぱり値動きはサポートとレジスタンスを基準にジグザグ動くもんなんだ!

 

という結論に至りました。

結論に至ったというか、値動きはそう形成されるんじゃないか!?と思ったことが強化されたって感じですね。

 

インジの裏にあるロジックとか計算式っていうのは、開発者の腕の見せ所で

それぞれいろんな考え方や検証結果を反映して作られているけれども

 

根本的に何がしたいか、何を表現しようとしているかというと

 

出来るだけ高い精度で、サポートとレジスタンスを特定しようとしている

 

そういうことじゃないのかな? と私は感じたんですよね。

 

サポートされるところ、レジスタンスで上値抑えられるところを

高い精度で特定できたとすれば、

サポートでロング、レジスタンスでショートするだけで、ウハウハで勝てちゃうわけですよね^^

 

なので、サポートとレジスタンスを特定することは

ちょっと語弊があるけど、

「値動きを言い当てようとする」のと同じことになりますよね。

インジ開発の目的って、まさしくそこじゃないのかな?と。

 

ということは、

サポートとレジスタンスが特定できれば値動きが分かる。

 

それは言い換えると、

値動きはサポートとレジスタンスを基準にジグザグ動いているからだ。

 

ってことになるじゃないか! と私は考えたわけです。

 

なんか、卵が先か鶏が先かみたいな話ですけども・・・

 

そう考えるに至り、

要はサポートとレジスタンスがどこにあるのかが問題なのだ!

と思うようになったんですが

 

チャートに何のインジでもいいので表示させて、設定値もいろいろ変えてみたりして

過去に遡ってたくさん見てみると・・・

 

当たってるときもあれば、全然違うじゃん!ってときもあるし

あーーなんか惜しい!!ってときもある^^

そういうのをいろいろ見ていくと、いつも必ず当たってるインジなんてないのが分かり、

それに普通に考えて、そんなにいつも当たる=稼げるものがあるわけない。

 

いや、もしかしたら世の中に存在してるのかもしれないけど、

少なくとも、私が軽く入手できるようなもんではないな、としっかり分かりました^^

 

そうすると、

要はサポートとレジスタンスがどこにあるのかが問題なのだ!

と思っていたときは、

 

高い精度でサポートとレジスタンスを特定できるかどうかが

すなわち勝てるかどうかにつながるのだ

 

と考えているところがあったんですが、それはちょっと違うな、と。

 

だって、インジ開発者のような高いIQとか私には無いもの^^

既存のインジを超える、精度の高いものを私がどうやって開発・実現できるんだって話ですよ。

 

で、勝つためには、値動きをちょこっと先読みしたいと考えていたけれども、

私にとって、その先読みっていうのは、

高い精度でサポート・レジスタンスを特定しよう、予測しようとすることではない。

のは分かった。

 

じゃあ何をすればいいのか?先読みって何すること?

 

そこで、確率的に考えることや、

狙い方・仕掛け方というのは、チャート・値動きの見方とは違うことなんだな

ということに気づきました。

 

 

また続く・・・ 多分、次回で終わり^^

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた「5万円FX」の詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

Comment

  1. DuaL より:

     インジケーターに対して「否定的ではないけど疑ってみる」という姿勢は大切だと感じました。
     
     同じように・・・
     「トレンドラインに対して疑った事」はありましたか?
     ◎人によって、見る場所が違えば引き方も変わってくる。とか・・・
     ◎人によって、ヒゲを無視して引く人もいる。とか・・・

     話は変わりますが、5万円FXの内容凄そうですね。検討してみよっかな・・・

  2. パリス昼豚 より:

    DuaLさん
     マーケットの魔術師で(新のほうだったかも・・・)、誰だったか忘れたんですけども、あるトレーダーさんがトレンドラインを使ってるって話をしてて、
    筆者が「トレンドラインは経験的に言っても、さほど使える気はせんのだけど??」って質問してました。

    で、そのトレーダーさんは「多くの人は間違ってトレンドライン引いてる」って答えてました。

    それを読んで、
    トレンドラインを間違って引くとダメなのね
    って思って、引き方を練習はしたんですけど、トレンドラインって簡単というか、見たまんまって感じじゃないですか?

    なので、疑う・・・って気持ちにはならなかったですね。

    他のインジって、自分で描くわけじゃないじゃないですか。
    そこが違うのかな。

    人と将棋とかトランプとかやって負けたら普通に「そうか」と思うけど
    コンピューター相手だと「仕組まれてんじゃないか?」って感じるような・・・そういう印象の違いかしら。

  3. ホネ男 より:

    正しいトレンドラインの引き方ってあるのでしょうか?
    基本は前回安値と安値、前回高値と高値をつなぐ線でしょうけど、そこにヒゲは含めるとか含めないとかいろいろな考えがあると思います。
    先ずトレンドラインを引いてみて、違っているようだったら引きなおすということでしょうか。
    その日の相場にマッチしているようだったら、それがその日のトレンドライン・・・
    パリス昼豚様はどのようなお考えでしょうか?

  4. DuaL より:

     自分で描く・・・

     アナログ。というと語弊があるかもしれませんが、パリスさん位論理的な人ってシステムに偏るものだと思ってました。

     トレードも裁量のようですし、いつもコラムでここまで論理的に裁量を考えられるのは凄いと感じています。

  5. パリス昼豚 より:

    ホネ男さん

    >正しいトレンドラインの引き方ってあるのでしょうか?

    そうなんですよ!
    私も自分でトレンドラインを引いてみて、「間違った引き方って・・・どういうの?」って感じた。だから逆に、正しい引き方も、どういうの?これで合ってるのか?って思いました。

    で、私が自分でいろいろトレンドラインを引いてみた結果、思ったのは

    トレンドラインを「正しく」引くのが目的ではなくて、
    引いたトレンドラインを判断基準のひとつにして稼ぐのが目的だから

    チャート見て、自分でここでエントリーしてここで決済できれば・・・って狙いたい動きってありますよね。底と天井狙うような欲深い感じじゃなくて、フェアに見て、かつ長期で安定した狙いたいポイントですけど。

    その狙いたいポイントを、狙いやすくなるようにトレンドラインを引けていたら、それでいい、それが正しいってことじゃないかと私は思いました。

    あ、でも、右側の値動きを隠した状態で、そのトレンドラインが機能してるかどうかは見ますよ。

    >その日の相場にマッチしているようだったら、それがその日のトレンドライン・・・

    ちょっとこれがよく分からなかったんですけども
    私は5分足チャートがメインなので、トレンドライン使ってたときは随時、引き直してましたよ。何本も何本も引いてました^^

  6. パリス昼豚 より:

    DuaLさんへ

    論理的・・・ですか? そうですか。

    自分では感性の・・・というと聞こえがいいけど、単に本能的なプリミティブな人間だと思ってます^^

    私はどちらかというとアナログ万歳!な人間です。

    システム、というかコンピューターって、
    あいまいさ を許容しない ですよね。

    一度、きっちり指示したことは、何万回・何億回だろうと、ずーっと処理を続けるという意味では、すごいなぁとは思うんですが、

    1から10まで、細かくガチガチに指示してやらないとエラーを出す。(出しやがるw)
    相手の意を汲み取る みたいのとか
    常識の範囲内で自分で判断して とかって現段階のシステムではできないですよね^^

    そこが、私にはイラッとくるんですよね~w

    なので、柔軟な脳みそ万歳! VIVA裁量☆ って思ってます。

  7. pipz より:

    こんにちは。

    その高確率の出し方を最近の記事でかなり要チェックしてますが、インジケーターサインで
    入るのもサポレジなどでストップを置く時とのタイミングとばらつくと言うのもインジサインの弱点でしょうか?後よく遅いと言われます。サインがあるとマイルールでという点では良いと思うのですが、無理と言われる高確率は、トレンドラインとローソクの形や動きを読み取る職人技みたいな感じでしょうか?

  8. パリス昼豚 より:

    pipzさんへ

    すみません、質問がよく理解できなかったんですけど・・・

    >その高確率の出し方を最近の記事でかなり要チェックしてますが

    「高確率の出し方」っていうのは、どこの話でしょうか??

    >インジケーターサインで入るのもサポレジなどでストップを置く時とのタイミングとばらつくと言うのもインジサインの弱点でしょうか?後よく遅いと言われます。

    ここの部分は、ちょっと全くよく意味が分からなかったです。すみません><

  9. pipz より:

    すいません、高確率の出し方とは記事にはないですが、そのスタイル的にはインジケーターのクロスなどではなく、トレンドラインとローソクの動きを見て予想などでしょうか?
    記事とは余り関係ないですが、すいません。

  10. パリス昼豚 より:

    pipzさん

    >インジケーターのクロスなどではなく、トレンドラインとローソクの動きを見て予想などでしょうか?

    私のトレードのやり方では?って話です・・・よね??
    だとすると、そうですね。

    インジで売買サイン出すとかは、やってないですね。

    ひとつ前に頂いたコメントの
    トレンドラインとローソクの形や動きを読み取る職人技みたいな感じ
    が近いと思います^^

  11. マーコ より:

    はじめまして~^^
    本日、sarahさんお勧めの貴殿の「パリス昼豚の5万円FX」を購入いたしました~
    お休みの日にゆっくり見たいと思います。
    私は、なかなか裁量トレードが身につかず・・・。
    勉強させていただきます。
    とっても楽しみです。
    これからも宜しくお願いします♪
    応援ポチ~

  12. マーコ より:

    すみませんが・・・ダウンロードは出来たみたいなのですがファイルが開きません。
    解凍とか必要でしょうか?
    もしそうならその方法が分かっていません。
    どうぞ、メールにてアドバイスお願いします。

  13. パリス昼豚 より:

    マーコさん

    5万円FXのご購入どうもありがとうございます☆

    ダウンロード後の解凍手順について、記事にしましたので
    こちらを参考にお願いします。
    http://t-commu.net/blog/t011/2010/04/14/%e3%83%91%e3%83%aa%e3%82%b9%e6%98%bc%e8%b1%9a%e3%81%ae%ef%bc%95%e4%b8%87%e5%86%86fx%e3%80%80%e3%81%94%e8%b3%bc%e5%85%a5%e5%be%8c%e3%81%ae%e8%a7%a3%e5%87%8d%e6%89%8b%e9%a0%86%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84/

    分からないことがあれば、いつでも聞いてくださいね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>