値動きの見極め方7 値動きの見方と仕掛け方


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた「5万円FX」の詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

勝つためには、値動きをちょこっと先読みしたいと考えていたけれども、

私にとって、その先読みっていうのは、

高い精度でサポート・レジスタンスを特定しよう、予測しようとすることではない。

のは分かった。

 

じゃあ何をすればいいのか?先読みって何すること?

 

そこで、確率的に考えることや、

狙い方・仕掛け方というのは、チャート・値動きの見方とは違うことなんだな

ということに気づきました。

・・・という話の続きです。今回が値動きの見極め方最終回です^^ 引っ張りすぎ?

 

 

値動きは、サポートとレジスタンスを基準にジグザグ動くもんなんだ!

っていうのが、自分の中で強化されていくにつれ、

チャートはサポートとレジスタンスを意識して見るようになっていきましたが

それはあくまで、チャート・値動きの見方に過ぎないんだな、と私は思うようになりました。

 

チャートを見れるようになることが、イコール勝てるようになることではない

基礎的スキルとしては、チャートを見れるようになるのは必須条件とは思うけど

利益を上げられるかどうかのトレード実践力というのは、それとは別物である

と考えるようになったってことです。

 

トレード実践力には、メンタルの要素が大きく関わってきますけど

ここではそれは置いといて、テクニックって意味でのトレード実践力のことで、

どう狙うか・仕掛けていくかという点です。

 

サポートとレジスタンスが機能するのであれば、基本的には、

サポートでロング、レジスタンスでショートするのがエントリーの考え方にはなりますが、

ブレイクされることも普通にあるわけですから、

単純にサポートでロング、レジスタンスでショートしていても勝ち続けられるわけではないですよね^^

 

かと言って、ブレイクされることが何度か続いたために、

ブレイク狙いのほうが有利だと決め付けて考えるのも問題です。

 

 

例えば、下図のような

100418_entry1

上昇トレンドでの順張り押し目狙いでロングするようにしていたらエントリー後にすぐ反転することが続いた・・・

なので、直近高値を超えてからロングするように↓ 変えてみた。

100418_entry2

 

 

で、変えてみるのは全然OKなことなんですけれども

そのタイミングでのエントリーが 唯一絶対の正しいやり方 とか思い込んでしまうのは

ちょっと危険だと思うんですね。

 

タイミング変えたのに、そこでもすぐに反転されちゃうこと↓ だって普通に起こりますからね。

 100418_entry3

 

こういうときは、「相場の神様に意地悪されている!!」「誰かに監視されている!!」とは考えずに^^

確率的に考えることが重要になります。

 

確率的に考えられるかどうかは、過去チャートで検証をしっかりしているかどうかによります。

 

目先の勝ち負けに一喜一憂してても、長期的に安定して勝つことにはつながらないので

何回かやられちゃったからと言って、決め付けて値動きを見ていては前に進めないです。

 

上記例だと、トレンドライン(=サポート)付近でのロングと直近高値超えでのロングと

どちらのほうが勝つ確率が高くなるのか?

他の条件が追加されたら、どっちのほうが勝つ確率が高くなるのか?

などを、たくさん見て検証していけば、

 

いつでも確実なエントリーポイントはない、確率でしか考えることはできない

ということが分かってきますし、それが分かると

柔軟で臨機応変な仕掛け方っていうのも出来るようになってくると思います。

 

すごく単純化した例ですけど、

上のようなトレンドラインのロングと直近高値超えロングのどっちのほうがいいか?って迷う場合だと

過去チャートを見て検証していけば

 

「上げる」の形が1回出ただけでは上昇トレンドとは言えないことが多いから

少なくとも2回「上げる」の形が出るまで待とう

そのほうが上昇する可能性は高くなることが多い=ロング狙いで勝つ確率が高まる

その場合は、高値超えまで待つと待ちすぎになる=負ける確率のほうが高まることが多いので

トレンドライン付近でロングするほうが勝つ確率が高い

だから、こういう動き方の場合はトレンドライン付近でロングしよう

 100418_entry4

チャネルラインまで上昇する可能性はあるが、その前に

直近高値のレジスタンスを超えていけそうかどうかの

動き方を注意して見ておく必要がある

 

超えていけなさそうな場合は、早目に決済するのか

それともトレンドラインで再度、反発・上昇を待つのか

は考えておかないといけない

→ その点についても過去チャートを見て検証してみよう

 

のような感じで狙い方・仕掛け方を考えられるようになっていくと思います。

 

 

勝つために値動きをちょこっと先読みしたい、値動きを見極めたい、というのは

完璧な(あるいはすごく精度が高い)動き方の予測・答えを出すことではなくて

 

サポートとレジスタンスを基準にジグザグ動くっていう動き方を前提に

可能性・確率で値動きを捉えて、柔軟に狙い・仕掛けていくことだと私は考えます。

 

で、その仕掛けていくことっていうのは、勝とうとすること とは少し違うんですね。

言葉のニュアンスの問題かもしれないんですけど^^

 

勝とうとするのではなくて、リスクテイクすべきか判断すること。

 

そのポイントでの 負ける可能性=リスク と 勝つ可能性=リターン とを天秤にかけて

リスクに対して高いリターンが見込めるのであればリスクテイクすべきだ

そういうポイントでだけ出動するのが、「仕掛ける」ってことだと思います。

 

アムロ行きま~す!みたいな^^

(あ、すみません。どうでもいいですね・・・)

 

ではでは
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

パリス昼豚のトレード手法・考え方をまとめた「5万円FX」の詳細はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


The following two tabs change content below.
パリス昼豚(パリスヒルトン)

パリス昼豚(パリスヒルトン)

皆様はじめまして! コラムを書かせて頂くことになったパリス昼豚(ひるとん)と申します。 ふざけた名前ですみませんw 負けて当然じゃん!と言われることは、ほぼ全て経験していると思います^^ そんな状態から、本当に自分に合ったトレードとは?と試行錯誤した結果、損小利小のスタイルを確立して、徐々にプラスにできるようになってきました。 このコラムでは、負け続けていた状態から私がどうやってサバイブしてきたのかを書いていこうと思っています。
パリス昼豚(パリスヒルトン)

最新記事 by パリス昼豚(パリスヒルトン) (全て見る)

Comment

  1. DuaL より:

     長期コラムお疲れ様でした。

     私も去年末に上図と似たような検証をした事がありました。
     トレンドラインロング(押し)エントリーと、直近高値超えロング(ブレイク)エントリー。結果を言うと、当時の私の手法では大差無かったんですよね・・・
     そこで「じゃあトレンドライン下で(私の場合はEMA下で)ストップするなら狭い方がいいや」という安易な考えで押しエントリーしていました。

     それにしても、色んな場所で色んな人に影響を与えているダウ理論。やっぱスゴい・・・ 
     
     

  2. パリス昼豚 より:

    DuaLさん

    どうもありがとうございます。

    >そこで「じゃあトレンドライン下で(私の場合はEMA下で)ストップするなら狭い方がいいや」という安易な考えで押しエントリーしていました。

    私も損切り幅から考えて、こっちのエントリー有利って判断しますね。
    というより、直近高値超えしたら、逆張りショート狙いの思考になってしまいがちなんですがw

    なんとなくですけど、
    押しエントリーが習慣になると、逆張り発想エントリーしがちになる
    直近高値超えエントリーが習慣になると、エントリーのタイミングを待ちすぎてしまう傾向になる

    ような気がします。
    現状の値動きでは、どっちのタイミングのエントリーが有利か?は常に考えるようにしたいですね。

    ところで、

    >それにしても、色んな場所で色んな人に影響を与えているダウ理論。やっぱスゴい・・・ 

    私、恥ずかしながら、何度ダウ理論の説明読んでも
    具体的にどういうことを言ってるのかが理解できないんですよね・・・
    いまだに、ダウ理論って何のこと言ってるのか分かってない><

    すべては平均に回帰する

    って言葉しか覚えてないけど(違ったかな?)、
    まずもってこれの意味が分からないんですよね。

    ダウ理論について、具体的で分かりやすく説明しているサイトなどがあれば教えてくださると嬉しいです!

  3. DuaL より:

     サイトはわからないのですが、私は何人かのセミナーや本でダウ理論を学びました。

     今回の記事の「2回「上げる」の形が出るまで待とう」というのはまさにダウ理論の考え方だと思われますよ。6つの基本法則の「サポ・レジを超えて(支えられて)トレンドは継続する」という考え方ですね。

     ただ、正直、それをどうトレードに生かすかはその人次第。という感じがするんですよね・・・
     「値段の付き方はどのような需給で成り立つのか」を説明してくれてはいるのですが、じゃあどうしたら良いのか?というところでパリスさんも理解に苦しんでいらっしゃるのかなという気がします。

  4. たぬくん より:

     バカラ村さんのブログで、パリス昼豚さんの 5万円FX の事を知りました。
    私も、ユーロドル と ドル円  のみです 
      14:00から17:00の間のブレイク狙い 1回 と 18:00 前後 に ドル円 エントリー して
    3時間から7時間 ホールド です 
       3.000円 で 0.1枚です なんだか パリスさん の スタイルに近いので親近感を感じます
     
    マイルール守るて、難しいですね うーむずかしい     
       5万円FX トレードで儲けて購入したいです

  5. パリス昼豚 より:

    DuaLさん

    Wikiのダウ理論の6つの基本法則をもう1回見てみたんですが、やっぱりよく分からなかった^^

    >6つの基本法則の「サポ・レジを超えて(支えられて)トレンドは継続する」という考え方

    これは、Wikiの3つ目にある
    主要トレンドは3段階からなる
    ってやつなのかな・・・??

    5つ目の出来高に関しては、私はどうなんだろう・・・って思いました。
    この前、酒匂塾長がブログで先物の建て玉について書いていて
    そのデータDLしてきてグラフを見たんですけど

    投機筋の出来高と為替レートには相関がありそうな感じはなんとなくしたんですけど、総建て玉とは相関全然なさそーに私には見えました^^

    6つ目の
    トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
    については、そりゃそうだって思っちゃったw

    「明確な転換シグナル」がリアルタイムで分かれば嬉しいけど・・・ね。

    >「値段の付き方はどのような需給で成り立つのか」を説明してくれてはいるのですが

    そうですよね。ダウ理論は、チャートの見方って意味では使えるのかもしれないけど
    実際に利益を上げる「実践」ってところは言及してないですよね。

    私が欲しいのは、絵に描いた餅じゃなくて、味覚を刺激するリアルな餅なのよ!って感じ^^

  6. […] « 値動きの見極め方7 値動きの見方と仕掛け方 […]

  7. […] この前のコラムで出したエントリー例について。 […]

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>