勝率を上げる簡単なコツその2


前回の続きです。

1. トレードする時間帯

私の場合、
ブレイクアウトしてからのトレンドフォローを基準にトレードを組み立てることが多いのですが、
その際、一時的なブレでブレイクアウトしたかに見えて、
結局またレンジ内に戻ってしまうというリスクもあります。

そのリスクが高いのが、
● 13時、14時、15時といった区切りのいい時間帯の前後
● 指標発表前後
● フィキシングの時間帯の前後
● 各国市場のオープン時間前後

みなさんが注目する指標発表前後は、
意識的にポジションをスクエアにしてトレードに臨むようですが、
意外と、フィキシングの時間帯や、
区切りのいい時間帯というのは意識していない方が多いようです。

 私は、たとえエントリーサインが出たとしても、
流れががらっと変わりそうなそれらの時間帯では、
なるべくエントリーを避ける、もしくは、一旦ポジションをクローズすることが多いです。

これを意識するだけでも、1日に発生するエントリーサインの中の、
半分ほどのだましは回避することができます。

ちなみに、この時間帯ブレを逆に利用してトレードすることもあります。
それがブログで実践検証している五十日トレードです。

2. 長い時間軸でのトレンドフォロー

 一番簡単な方法としては、5分足でのエントリーサインで売買する方法だとしても、
それよりも長めの時間足を見て、
同じトレンドの向きの場合だけエントリーする。
逆行したエントリーサインは回避する。
これをやることによって、さらにトレードチャンスは精査され、
優位性の高いエントリーサインを抽出することができます。

もう一つ。例えば、5分足では上昇トレンドが続いていたとします。
しかし、1時間足、日足をみると、下落トレンドだった場合、どうでしょうか。
この場合、注目したいのが、以下です。

● 大底からの反転かどうか
● トレンドの調整反転かどうか

直近にサポートがあるとわかりやすいですね。
例えば、1時間足や日足での大きなサポート付近に到達してからの反転で、
5分足の上昇トレンドが続いた場合は、大底からの反転とみなし、
その上昇トレンドに乗ったほうが勝ちやすそうです。
一方、1時間足、日足でのサポートにはまだ到達していない。
でも、5分足では上昇トレンドになっている。
そのような場合は、まだ一段下げの可能性があるとみなし、
エントリーサインは回避したほうが無難です。

3. 乗れなかったら諦める

簡単なようで一番むずかしいのがこれです。

1日の中で、大きく動くチャンスに乗り遅れたり、
たくさんトレードをしないと、どうしても損した気分になりますよね。
でも、トレード回数が多いから勝てる。というものでもありません。
むしろ、数あるエントリーチャンスの中で、
いかにトレードを回避できたか。
ベストタイミングをものにできたか。
そこの喜びを見出すことができれば、勝率は上がります。
トレードしなければ負けないんですから。

無駄な脂肪はそぎ落とし、極上部位だけ食べる、
そんな贅沢なトレードができたら、いいと思いませんか?

 

 

 

 

【お知らせ】
DMMFXとのタイアップキャンペーンが始まりました。
他では配っていない非売オリジナルレポートをプレゼント!
テクニカルを極めたい初心者の方必読ですよ★
今ならスマホキャンペーンと合わせて最大20000円のキャッシュバックももらえます!
DMM FX
■DMMFX■

【レポートの詳細】
第1章 トレード理論の構築
●テクニカル指標の重要性を理解する
●相場状況の把握の仕方を覚える
●トレードスタイルを決定する
第2章 チャート情報の認識
●チャートの見方をマスターする
 -ローソク足の見方
 -レジスタンスラインとサポートライン
 -トレンドラインの引き方
 -チャネルラインの引き方
●レンジ相場とトレンド相場
第3章 テクニカル指標の理解
●移動平均線
●ボリンジャーバンド

こちらのレポートをプレゼントします★

 

 

 

 

331 new バナー用 サラ

FXブログランキング参加中!応援ポチよろしくお願いします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

 


The following two tabs change content below.
Sarah(サラ)

Sarah(サラ)

★2005年アパレル貿易会社退社。人生を模索中にFXに出会う。 以来、FXトレーダーとして、米紙ウォールストリートジャーナルや、テレビ東京『ガイアの夜明け』等メディアからの取材も数多く受ける。 トレードをする傍ら、FXや暗号通貨(リップル)、九星気学のセミナー講師、コラムニストとしても活動中。 自著に 「FX 7つの成功★レッスン」宝島社刊がある。
Sarah(サラ)

最新記事 by Sarah(サラ) (全て見る)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>